毎月5分の投資で億リーマンになってみませんか?

投資・節約

こんばんは!くろみつです♪

この度は「モノクロstyle」にお越しいただきありがとうございます!

今回はサラリーマンが無理せずできる投資について考えたいと思います。

結論から言うと

サラリーマンは長期保有できる株(ETF)を買って、本業や副業で収入を増やし、できるだけ投資するのが良いですよ!となります。

具体的な銘柄は米国ETFのティッカー
「HDV」「VYW」「VTI」です。

支出を減らす努力も忘れずに!

それではよろしくお願い致します。

投資って何?

将来的に資産が増えるように、今持っているお金を増やしてくれそうな会社や個人に投じることです。

学習や経験、人間関係を良くするために投資という言葉が使われることもありますが、今回はお金を増やすことを対象とします。

勘でお金を投じることは、ギャンブル性の高い投機となり、全然別物となります。

投資はお金が増えるというリターンがありますが、失敗するとお金が減るというリスクがあることもしっかりと理解しましょう。

投機って何?

簡単にいうと、「俺に預けてくれたら倍にして返すで~!」と言いながらパチンコや競馬に行くようなギャンブルのことと思っていただければと思います。(胴元の有無など少し違いますが、ギャンブル性が高いと伝われば…。)

当たれば大きいですが、負けた時も大きく、「ゼロサムゲーム」な場合が多いです。

「ゼロサムゲーム」とは勝った人(儲け)と負けた人(損)を合わせるとプラスマイナスゼロになることが特徴です。

主婦が隙間時間にFXで3億儲けました!など見たことありますが、その裏では合計3億分負けた大勢がいるということです。
※FXとは外国為替証拠金取引のこと

その上、手数料もかかるため、ゼロサムどころかマイナスサムゲーム(全員合わせるとマイナス)という捉え方もあります。

絶対悪だ!とは思いませんが、ご自身のリスク許容度の範囲で楽しまれることを本気でオススメします!

間違っても退職金を全額突っ込むとかダメですよ…。

メジャーな投資種別をざっくりと

主要な投資種別として

株式 ←オススメ!

不動産 ←やる気と時間があればオススメ!

国債などの債券 ←若いうちはオススメできません。

仮想通貨

FX(外国為替証拠金取引) ←やり方次第ではオススメ。

をご紹介していきますね。

「株式会社を設立するから出資して~。」と告知し、出資してくれた人に対して発行する証券のこと。

会社に返済の義務はありませんので、出資したお金は返ってきません。

その代わりに経営に参加できたり、利益が出たら配当金がもらえます。株を売って現金化することもできます。

利益から配当金をもらう。
値上がった株を売る。
という方法が株で儲ける主な方法となります。

僕はシーゲル教授の赤本(株式投資の未来)、緑本(株式投資)、インデックス投資関連の書籍に出会ったことで、株って素晴らしい!と投資を始めました。

僕のオススメ銘柄は「HDV」「VYW」「VTI」です。

デイトレーダーのように、パソコンの前に張り付いて取引することもできますが、サラリーマン向きではありません。

普通のサラリーマンは投資でたくさん儲けるより、本業や副業での稼ぎを増や、長期保有できる株を買い、時間を味方につけた投資がオススメです!

僕は配当金という雪で、雪だるま(資産)を作ってます。

配当金が入ったら、そのお金でまた株を買う。稼いだお金も追加で投資することで、株は増え、もらえる配当金もだんだん大きくなってきます。

最終的には、配当金で生活しても余るくらいの資産になれば、自分では全く働いていないのにどんどん金持ちになっていくという状態になります。

→配当金で雪だるまつくろう~♪

不動産

これはイメージしやすいと思いますが、家やマンション、土地を購入し、値上がったら売る。

誰かに住んでもらい家賃を収入として受け取る。
という方法が不動産で儲ける主な方法となります。

手元に1,000万しかないけど、2,000万ローン(借金)を組んで3,000万の物件を購入するということができるため、上手くいけばリアルモノポリーとなります。

リタイア後は信用が下がってローン審査に通りにくくなるので、信用のあるサラリーマンの内にローンを組まれることをオススメします。

不動産投資は金持ち父さんシリーズで興味を持ち、たくさん本を読んだり、楽待や健美家など有名なサイトに登録したりしました。

特に「金持ち父さんと貧乏父さん」「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」は人生を変えてくれました。

詳細書くと長くなるので今回は感想を。

不動産投資は勉強熱心で行動力のある方は本当に最適な投資ではないでしょうか。

個人の投資家が努力したところで株価や為替は操作できません。

不動産であればボロ家を修繕する、集客の工夫をするなど個人の努力で投資効率がぐんぐん上がります!

正しく頑張る人が報われる投資という印象が強い。

ただ勉強量と行動力が重要なので、サラリーマンが本業と併用して頑張ると考えると、万人向けではないかな?と感じます。

独り身だったら本気でやってみたいなと思います。

国債など

国にお金を貸して利息を得るのが国債(こくさい)
地方公共団体の場合は地方債(ちほうさい)
会社の場合は社債(しゃさい)
という具合です。

お金を貸した証拠として、債券という名の借用証書が発行されます。(最近はペーパーレス)

リスクが低く(特に国債は)、元本保証、返金期限が決まっていることが特徴となります。

国債の場合、3年、5年、10年満期などあり、国が発行しているため、非常に低リスクとなります。

その分、利息(リターン)も預金よりはマシな程度です。

若いうちはリターンが低すぎるのでオススメできません。50代くらいから、少しずつリスク資産である株や不動産から、無リスク資産である国債の比率を増やしていくといいでしょう。

仮想通貨

ビットコインを始め、2,000種類以上の仮想通貨が開発されております。

国の法律で定められた法定通貨(円やドル)ではなく仮想通貨という概念をブロックチェーンというシステムによって運用します。

システムの信用度が高いため、法定通貨ではありませんが、経済的価値のある通貨(仮想通貨)として扱うことが可能になりました。

ブロックチェーン、マイニングなど少しだけ勉強しましたが、どうにも投資しようと思えないため、仮想通貨について有益な情報はお伝えできません。
そのため、こんな感じでご紹介のみとなります。

FX(外国為替証拠金取引)

為替ってわかりにくいですよね。

僕なりに簡単に解釈した説明としては、10億円分のドルがほしい場合、為替という仕組みがなければ、飛行機に10億の現金をつめて持っていき、現地でドルに交換して飛行機で帰る。

というやり取りが必要となります。それでは大変ですし、リスクやコストも非常に高くなります。

ドルを買いたい人、売りたい人、双方の価値が一致した額(為替レート)でインターネットを通してお金を交換しましょう。というのが為替となります。

江戸時代では現金を運ぶのが大変だったので、為替手形というものを発行し、その土地の両替してくれる人に届けて、現金のやり取りをしていたそうです。

車も飛行機もないので、大量のお金を持って運ぶのは現実的じゃありません。為替できてよかったな当時の運ぶ人…。といった感じです。

本題のFXなのですが、為替レートで1ドルの価値が100円の時もあれば、102円の時もありますよね?

例として、100円でドルを仕入れて102円の時にドルを売れば、2円分利益(手数料無視)。これが基本となります。

100万円分仕入れた場合、20,000円の利益となります。

そこにレバレッジ(てこの原理)という、実際は100万しか手元にないが、1,000万持っている想定(この場合はレバレッジ10倍)など、借金のような取引ができること。

空売りという手元にないけど持っている想定で売り、買い戻して利鞘を稼ぐこと(売れたら仕入れて販売する)。

など信用取引ができることから、ハイリスク&ハイリターンの投資(僕は投機と思ってますが…。)として非常に人気があります。

しっかり勉強した上で、レバレッジを低めで運用するならありかなと思います。

まとめ

最初の結論で書いたように、一部の天才を除き、普通のサラリーマンは長期保有できる株(ETF)を買うことをオススメします。

投資ルールさえしっかり決めておけば、時間はそれほどかかりません。

浮いた時間で本業や副業を頑張り、増えた収入と配当金を追加投資することで、大きな雪だるまを一緒に作りましょう!

(支出を減らすのもお忘れなく!)

 

僕が投資を始められたのは、この本に出会ったからです!!

 

僕は経済的自由を手に入れる第一歩をこの本から学びました!!

今日のところはこの辺で。
一緒に自由を掴みましょう!!