【実体験】ストレスで入院した僕が学んだ、仕事のストレスを解消する方法まとめ【保存版】

仕事の悩み
くろみつ
仕事のお悩み解決コンサルタント

くろみつ(@kuromitsu_96)と申します。

読者様
・仕事のストレスをどうやって解消するか知りたい

・休みの日は仕事のことを考えたくない

・仕事に行く辛さを少しでも解決したい

・ストレスで倒れそうで助けてほしい

この記事は上記のような仕事のストレスを解消したいという悩みを解決できる内容になっています。

なぜなら、ストレスが原因で入院した僕が、精神科や心療内科の医師から学び、ストレスを克服することができたからです。

この記事は

前半「ストレスを感じやすい人の特徴や要因」

後半「具体的なストレス解消方法」という構成です。

この記事を読み終えることで、仕事で感じるストレスを10分の1以下に解消し、昨日より楽しい人生を送ることができるようになります。

 

僕がストレスで入院した経緯

2016年5月4日目覚ましでいつも通り6時に目が覚めると、全く体が動きませんでした。

妻に救急車を呼んでもらい即入院。

1つめの病院では原因がわからず転院。

2つ目の病院でストレスと過労で免疫力が低下したため、咽頭ヘルペスが非常に悪化していると告げられました。

そこからの一か月は

・注射で解熱されるも4時間後には40度の高熱を繰り返す

・毎朝解熱したタイミングで車いすに乗せてもらい、鼻から咽頭までチューブカメラを入れて診察

・口の中がカビだらけになったため、朝昼晩チューブ薬を口の中に塗りたくり、5分後に飲み込む

・水を飲むと激痛のため、水分はスプーンで湿らす程度しか飲めない

・動けないためオムツで排泄、看護師さんにお世話になる。

という控えめに言って最高に高い勉強代を払うことになりました。

そのおかげで、ストレスを溜めたらいけないと身を持って経験させてもらうことができましたが。

あなたもストレスを放っておくと、恐ろしい結果が待っているかもしれません。

ストレスを感じやすい人の特徴

くろみつ
ここに出てくる特徴が多く当てはまる人は要注意です!

ネガティブ

何事も悲観的に捉えてしまう人。

発言や態度に出てしまい、周囲も巻き込んで人間関係悪化に繋がりやすい。

 

余裕がない

常にコップ一杯の水が入った状態で仕事をしている人。

ちょっとしたイレギュラーが発生するだけで強いストレスを感じてしまう。

 

真面目

冗談が通じず、手を抜いてよいところも全力でやってしまう人。

仕事は常に全力疾走しており、非常に疲れやすい。

自分でもわかっているが、どうやって手を抜けばいいかもわからずストレスを溜めてしまう。

 

自信がない

自分に自信が持てず、できるかな?大丈夫かな?と常に不安を感じている人。

少しでもやったことのない仕事をやることになれば、強いストレスを感じてしまう。

 

完璧主義

70点でいいのに、100点をとらないといけないと思い込んでしまう人。

70点なら1時間で終わる仕事を、100点をとるために2時間かけてしまい、残業や休日出勤になりがち。

その上、仕事が遅いなど評価も悪くなるため、報われないストレスを感じてしまう。

疲労も蓄積されるので危険。

 

責任感が強い

全て自分でやらないといけない。

何かあれば自分の責任と思い込んでしまう人。

仕事を抱え込み、頼り方もわからず、ストレスを当たり前だと考えがち。

休みの日も仕事のことが頭から離れず休めない。

ある日突然ストレスが爆発する。

 

他人の目や評価が気になる

こんなことを言ったらダメなやつと思われるのでは?

上手くやらないとやばい!

など、他人の目や評価が気になって仕方ない人。

周囲はそれほどあなたのことを気にしていないと言われても、どうしても気になる。。

気にするあまり失敗し、こんなはずじゃなかったとストレスを感じる。

 

我慢強い

嫌なことを言われたり、自分が正しいと思っても言えない、もしくは言わない方が良いと我慢してしまう人。

ストレスは感じた時に発散するのが大切ですが、ストレス溜め込んで爆発してしまう。

大爆発した後は周囲からやばい人という印象を持たれたり、上司からもっと早く相談してほしかったと言われることも多い。

気付いた時には手遅れとならないよう注意。

 

プライドが高い

自分は仕事ができると勘違いしており、思ったような評価をもらえなかったり、同期が出世したりすると耐えられない人。

プライドが高いせいで人間関係が悪いことも多い。

評価されたいという欲求が満たされずストレスを感じる。

ストレスの要因

くろみつ
いくら給料が良くても、仕事内容がきつすぎる場合は転職も検討した方がいいかもしれませんね。

 

仕事量が多い。

どれだけやっても仕事が終わらない。

やってもやってもキリがないので仕事が嫌になってくる。

定時では終われず、残業や休日出勤でなんとかしなければならず、プライベートの時間が取れていない。

仕事のために生きているような状態になり、ストレスや疲労がピークになると倒れる。

 

専門的な知識やスキルを求められる

周囲は知ってて当たり前でしょ?勉強不足じゃない?という職場だったら最悪。

常に新しい知識やスキルの習得が求められるため、年々しんどくなってくる。

 

責任が大きい仕事を任されている

自分の判断1つで大きなお金が動く、プロジェクトを失敗したら降格させられたり、出世コースから外されるなど、失敗は許されないと感じながら仕事をしている。

常に重圧と闘わなければならず、上手くいったらより大きな責任の仕事を任されるため、

どこかで割り切らないとと抜け出せない。

昨日まで普通にしていたのに、朝起きたら体が動かないなんてことも。

 

職場の人間関係が悪い

上司や先輩、部下、後輩、同僚など職場での人間関係が悪い。

相談できなかったり、足の引っ張り合い、責任の擦り付け、妬み、いじめ。

勤続年数が長くなると、それが当たり前のように感じられるため、抜け出しにくい。

退職の理由によく出てくる。

 

通勤がしんどい

満員電車で2時間や乗り換えが4回、電車を降りてから会社までが遠い、車だと高速道路で渋滞に巻き込まれる、

事故のリスクなど毎日のことなのでストレスが蓄積されやすい。

残業+長時間通勤+休日出勤をしている人は今すぐ改善に動くべき。

 

給料が安い

勤続年数10年なのに昇給が1回もない、部下や後輩がどんどん出世していくのに自分は平社員のまま。

自分では頑張っているつもりなのに評価されない。

それが続くことでモチベーションが低下し、ただ仕事をこなしているだけになっている自分が惨めで辛くなる。

 

将来に対する不安

今の仕事をこの先ずっと続けていて本当に良いのだろうか?定年まで続けられるのだろうか?リストラにあったら

どうやって生活していけばいいのか?など安心して生活することができない。

仕事のストレスを解消する方法(必須)

くろみつ
これだけは絶対にやってほしいことをまとめました。

 

しっかり寝る

睡眠時間が7時間を切ると、ストレスを感じやすくなったり、疲労が蓄積したり、思考力が低下します。

嫌なことがった日はいつもより早く寝るようにすれば、ストレスの蓄積を防ぐことができます。

寝すぎもよくありませんが、疲れているなら好きなだけ寝てください。

 

断捨離&整理整頓

机や引き出しが物であふれている。机も使いづらく、探し物を見つけるにも時間がかかる。

小さなことの積み重ねでストレスが蓄積します。

解消するには、いらないものを処分し、整理整頓しましょう。

(1か月など一時保管用の箱を準備し、期限が来たら処分しましょう。)

 

やることを全て書き出す

あれもやらなきゃ、これもやらきゃ。それに何か忘れてる気がする。

よくわからないけど余裕がない、イライラするなど、気付かない内にストレスを蓄積しがち。

やることを全て書き出せば、スケジュールを組めるようになり、仕事を忘れるミスを防ぐこともでき、仕事に集中できるようになります。

(5分もかからない仕事はさっさとやっちゃいましょう。

 

Todoリストを活用する

1つ1つの仕事にかかる時間を把握し、余裕のあるスケジュールでTodoリストを作成してみてください。

やるべき仕事が案外多くないことに気が付きます。

仕事多すぎると思った方は、仕事を安易に受けないよう頑張ってください。

他の人に頼ることも必要です。

 

マルチタスクをやめる

人間は複数のことを同時にできません。

机の上は今やるべき仕事に必要なものだけにしましょう。

目の前の仕事に集中することが生産性を高めることに効果的です。

 

頭を使う仕事は午前、単純作業は午後

朝起きた時が一番脳はクリアな状態です。

夜になるにつれて、疲労やストレスが蓄積され、複雑な仕事ができなくなってきます。

嫌いな仕事も午前に終わらせれば、午後まで嫌な仕事のことを考える必要はなくなります。

 

ストレスを感じたらすぐに解消する

自分がストレスを感じていることに気付けたなら、すぐに解消してください。

小さなことで良いのです。お菓子を食べる、好きな飲み物を飲む、仕事が終わったら好きなことをする、

お金がかからないストレス解消法を探してみるとお財布に優しいです。

仕事のストレスを解消する方法(好み)

くろみつ
自分に合ったものを試してみてください。泣いてみることは本当にオススメです!

 

自分の悩みより大きい悩みを知る

不幸や悩みも上には上がいます。不思議なもので、自分より悲惨な状況の人を知れば、自分の悩みがそれほど大きくないと思えてくるものです。

僕はデール・カーネギーの「道は開ける」を読んだり、オーディオブックで聞いたりしてストレスを解消してます。

(嫌なことがあったら横になって道は開けるをずっと聞いてます。)

 

相談に乗ってもらう

誰か一人でもいいので、相談できる相手を見つけましょう。

弱音を吐いたり、悩みを聞いてもらったり、人間は話を聞いてもらうことで肩の荷物を下ろすことがきます。

そのかわり、しんどそうな人がいたらあなたがしっかり聞いてあげてください。

そうやって相談できる人が増えてくると、悩みを一人で抱えず生きていけるようになります。

 

発言や態度を無理やりポジティブにする

心と体は繋がっています。

落ち込んでいるときでも、ポジティブなことをたくさん言ったり、陽気な態度をとることで、だんだん気分が晴れてきます。

 

美味しいものを食べる

嫌なことがあった日は、美味しいものを食べましょう。

いつもより1ランク上にするだけでも十分幸せな気持ちにさせてくれます。

 

旅行に行く

ストレスを感じても、次の休みは旅行に行ける!と思うと乗り切れたりします。

非日常な生活も時には必要です。

 

欲しい物を買う

物を買うことだけにストレス解消を頼るのは危ういですが、たまにはご褒美があってもいいじゃありませんか。

気に入った物を仕事で使えば、仕事で感じるストレスを軽減

することができるかもしれませんよ。

 

好きな動画や音楽を楽しむ

人間は暇になると、無意識に考え事をしてしまいます。

ストレスを感じている時はネガティブなことを考えがちなので、忙しくすることがポイントです。

ただ、休みなのに忙しくするのは嫌だなという人が多いので、そういう時は好きなテレビや映画、YouTubeなど没頭できるものを見ましょう。

楽しんでいる内は嫌なことを考えずにすみます。

 

スーパー銭湯に行く

広々としたお風呂、開放感のある露天風呂、サウナは何飲んでも最高に美味しいんですよね~!

旅行は高くつきますが、スーパー銭湯なら400円~2000円もあれば楽しめるのでコスパ最高です。

 

運動する

運動はストレス解消に非常に効果的です。

筋トレやランニングを始めるまでが面倒に感じるかもしれませんが、やり終えたあとは爽快感がすごいです。

ストレス耐性もつくのでオススメ。

テストステロンさんの本やTwitterはとても楽しく、筋トレしたくなります(笑)

 

カフェで読書する

本が好きな人は、カフェで読書してみませんか?

僕が小さな楽しみとしているのが、近所の星田珈琲のモーニングに行き、ゆったりと読書することです。

チケットを買えば1杯300円程でコーヒー+トースト+ゆで卵が楽しめます。

 

カラオケに行く

一人カラオケ大好きです。最初は抵抗ありましたが、行ってみると案外やっている人が多いこと。

2時間くらいで十分楽しめます。

 

漫画を読んだりゲームをする

入院生活はベッドから降りることもままなりません。

どうにかストレス解消できないかと、懐かしいドラクエ5のスマホアプリをDLして楽しんでました。

体力ないからすぐに中断してました(笑)

 

デジタルデトックスをする

スマホやパソコンが大好きなのですが、丸1日起きてから寝るまでデジタル物に触れない見ない日を過ごしてみてください。

1日ってこんなに時間あったけ?と思えること間違いなしです。

いかに現代人がスマホに時間を使っているかですね。

 

泣いてみる

泣くことはストレス解消に有効です。自分の子供を見ていても、強いストレスを感じたら泣きます。

泣いた後は何事もなかったかのように楽しく遊び始めることからも、泣くことのストレス解消効果を感じます。

実際に仕事で強いストレスを感じ、どうしようもなくなり泣いてみたところ、奥底にあったストレスを出し切ることができました。

大人になって最後に泣いたのはいつですか?

仕事中にストレスを感じた際の応急処置

くろみつ
仕事中に強いストレスを感じた時に使ってみてください。

1.深呼吸をする

2.頭の中で8秒数える

3.トイレに行く

4.ストレッチする

5.なぜストレスを感じたか考えてみる

まとめ

1.自分の特徴を知る

2.ストレスの要因を特定する

3.仕事のやり方を改善する

4.自分に合った解消法をすぐ実践する

この記事を読まれる時点で相当ストレスを感じておられると思いますので、絶対に無理だけはしないでくださいね。

もう限界という人は…

読者様
色々やってみたけど、もう限界だ。

そう思ったなら、転職を検討しましょう。

今の仕事が人生の全てではありません。

僕が初めて仕事を辞めた時、辞めたら生きていけないんじゃないか?と漠然と不安でした。

しかし、いざ転職してみると案外普通に生活できるものです。

2回目の転職の時には、やりたかった仕事に挑戦することができました。

今はWEBマーケティングの仕事に興味を持ったため、嫌になったら転職を検討しています。

仕事を辞めても生きていけます。

今の仕事を続けていると倒れてしまうかもしれません。

実際、僕は動けなくなって入院しました。

僕はリクルートを利用しています。