趣味や物をミニマムにすると楽しくなったよ!6つのメリット

こんにちは!くろみつです♪

今回の記事は

やりたいことはたくさんあるけど、どれも中途半端で長続きしない…。

部屋を見渡すとそこらじゅう物がいっぱい…。

なんだかストレス貯まるなー。

そんなお困りごとに対して、趣味や物を減らして「すぐ」感じた6つのメリットを紹介します。

 

ストレスが減り、気持ちが楽になった。

人間は9割くらい無意識で行動しています。

 

物が目に付くたびに、「やりたいけど時間がない…。」

「うわっ…。ホコリかぶってる…。」と気になることってありませんか?

実はこれ、物からの無言のプレッシャーを感じているのです。

 

特にプレッシャーを感じやすいのは、今の自分を変えたくて始めた趣味の物です。

その中でも、筋トレ道具やギター、英会話教材、自己啓発本の山!などは特にプレッシャーが大きいです。

できていれば良い循環で成長していけるのですが、できていないと無意識に自分を責めてしまうことになる諸刃の剣になります。

(やっぱり自分は続かないんだ。できないんだ…。と)

 

まずは1つ。継続して楽しめ趣味を作ってみませんか?

本当にやりたいことってなんだろうと考え、それ以外のことは手放してみてください。

(もちろん楽しめるなら1つに絞らなくてもかまいません。)

そうすることで様々な物を減らすことができますよ!

ぼくは物を減らし始めてすぐ「あ、なんか楽になったな。楽しい!」と感じることができました♪

 

やりたいことに集中できるようになった

1日24時間はみんな平等です。

例としてサラリーマンの1日をイメージすると、

睡眠7時間、食事1時間、身支度や風呂1時間、通勤往復1時間、仕事9時間

こんな感じで合計19時間は使っているのではないでしょうか。

これだけであれば残り5時間あるので、案外時間がありそうですよね。

 

…そこで忘れがちなのが、皆さん大好きなスマホやTV。

スマホの平均使用時間は3時間もあるそうです。

TVもダラダラ見ていたら1時間なんてあっという間です。

もう残り1時間…。がっくり…。

睡眠時間を削るのも毎日となるとしんどいでしょう。

それが原因で趣味も仕事も楽しくめなくては意味ないですし…。

 

ぼくは物を物を減らすことで、

 

お気に入りだけって幸せ♪

趣味の物って結構高いんですよね…。

多趣味だったりすると全部良い物で揃えたりできません。

結局コスパを重視してしまう。もっとお金があったらなーと凹みますよね。

でもですよ?

もし、趣味が1つだけに絞れたら…。本当に気に入った物を買えちゃうかもしれません!

いっぱいググって比較して、何時間も悩んで…。

「コスパ良いし、これやな。」ってなるよりも、

「これ高いけどめっちゃ良いよな…。ポチッ」とやってみたいじゃないですか!?

毎日見えるところに置いておけば、「やっぱこれいいな…。」となり、
その内に名前まで付けちゃったりするかもですよ!?(人によりますか笑)

毎日わくわくしますのでお試しください!

 

部屋がスッキリすると、心もスッキリ

これは想像できるかもしれませんが、きっと想像以上にスッキリします。

試しに、どこでもいいので何もない空間を一か所作ってみましょう!

ぼくは模様替えする機会があり、ソファーとカラーボックスを動かしたら

「物がないとこんなに部屋がスッキリするんだ!」と感動しました。

で、試しに何日かそのままの状態で生活してみたのですが、

物を減らして他のところもスッキリさせたい!!

と思うようになりまし。なぜなら…。

部屋がスッキリしてると、心もスッキリしたからです♪

言葉では伝えきれないので、一度やってみることをオススメします!

 

物を売る経験ができて小遣いも稼げた

結構いろんな物を減らしていったのですが、やっぱり捨てるのって
「もったいない」って慣れるまでは思うんですよ。

妻が以前からメルカリをやっていたので、教えてもらってやってみました。

最初はめんどくさいなーって先入観があったのですが。

「わーい、売れた!」「おっ、値引き交渉か!ドキドキするわ。」
「〇〇日限定値下げってしたら同じ値段やのに売れた!?」
など、とても楽しくなっている自分がいました。

しかも、結構売ったら12万くらいになっていて…。給料以外からの収入
なんて初体験だったので、感動しちゃいました。

この体験によって、給料以外のも収入を得る手段があるんだということを学び、
売るだけじゃなくて、自分と同じ悩みとか困りごとをもった人に有益な情報を
お伝えして、給料以外の収入が入ってきたら素敵やなーってブログを始める
きっかけになりました。

 

無駄遣いが減ってお金が貯まる

物を減らすとなると、「もったいない買い物したな…。」
という苦い思いをいっぱいします。

その経験があるからこそ、物を買う時は厳選して、ずっと付き合って
いきたい相棒になるかな?と考えるようになりました。

あと、あれば便利という物はなるべく買わないように