どの証券会社を選べいいかわからない!と、お悩みのあなたへ。各社の特徴まとめました!

投資・節約

こんばんは!くろみつです♪

この度は「モノクロstyle」にお越しいただきありがとうございます!

今回は初心者でも証券会社を選べるように特徴をまとめたいと思います。

ちなみに2019年時点でメインSBI証券、サブ楽天証券で運用しております。

証券会社って何?

上場されている株式は証券取引所というところで売買されています。

証券取引所は札幌・東京・名古屋・福岡にあるのですが、一般人がそこに行っき、「〇〇という株を買いたいのですが。」ということはできません。

なぜなら、個人投資家は日本人だけでも3000万人程度いるそうです。その人数が4か所しかない証券取引所に連日押し寄せることを想像してみてください。

とんでもない金額が扱われるのに、
0を一桁間違えました♪
違う株式買っちゃいました♪
買うの忘れてました♪
なんてことがしょっちゅう発生しちゃいます。

株の売買をトラブルなく円滑にすすめるために証券会社があるのです。

個人投資家⇔証券会社⇔証券取引所

という関係となります。

個人投資家は「〇〇という株を1000株買います。」と、証券会社に注文します。

注文を受けた証券会社は、その内容を証券取引所に伝えます。

証券取引所から株を買えたら、証券会社は個人投資家に「〇〇円で買えたよ。」と伝えます。

購入や売却が成立することを約定(やくじょう)というのですが、この売買を仲介するのが証券会社ということになります。

ボランティアでやっていては証券会社が潰れてしまうので、手数料という形で利益を得ています。

他にも、証券会社自身が投資を行って利益を得る業務もありますが、あまり気にしなくても大丈夫です。

店舗証券の特徴

野村証券と大和証券が有名な店舗証券となります。
名前のとおり店舗があることが特徴です。

【店舗証券のメリット】
一つ目は証券マンと相談できること。
わからないことなど相談しながら売買できます。主な利用層はスマホやパソコンを使うのが苦手な世代です。

他にもIPOに強いなどもあります。

【店舗証券のデメリット】
一つ目は手数料が高いこと。
店舗を運営するために、家賃や光熱費、人件費がかかります。それが手数料に反映されてしまうためです。

二つ目は証券マンはあなたの利益より、自社の利益を優先する可能性があること。
証券会社の利益は手数料です。もし証券マンが「優良株を長期保有するのがオススメですよ。」とすすめ、投資家が言う通りに購入したとしましょう。

投資家に長期保有されてしまうと売買手数料を稼ぐチャンスがなかなか来ないため、証券会社の利益は減ってしまいます。

バフェットは証券マンに株の売買を相談する行為について「床屋に行って、今日は髪を切るべきか聞くようなものだ。」とからかっています。

証券マンの給料やボーナス査定は顧客の「預かり資産」と「手数料」によって上下します。

別に証券マンが悪いというわけではなく、なるべく大きい金額を頻繁に売買させて儲ける仕組みになっているため仕方ないのです。

ネット証券の特徴

SBI・楽天・マネックス・松井・カブドットコム証券などが有名なネット証券です。
店舗証券とは反対に、店舗を持たないことが特徴です。

【ネット証券のメリット】
一つ目は手数料が安いこと。
店舗を持たないため、その分手数料が安くなっています。
投資は手数料のわずかな違いで、長期的には大きな差になるので非常に大きなメリットとなります。

二つ目のメリットはネットさえ繋がればどこでも買えるということ。
店舗まで行かなくても株の売買ができるので、移動時間や交通費の節約になります。

ほしい銘柄が決まっている場合は証券マンとのやり取りも必要ありません。

また、デイトレーダーはネット証券がなければできません。

【ネット証券のデメリット】
一つ目は証券マンに相談できないこと。
ほしい銘柄が決まっていない投資家は基本的には自分で情報収集して売買する必要があります。

二つ目はインターネットやPC・スマホの知識が必要なこと。
ネット証券という名前の通り、インターネットに繋がったパソコンやスマホにて売買を行います。

相応の知識がないと売買できなかったり、トラブルがあった際に対処できず損害が出るなどが考えられます。

どれくらいの証券会社があるの?

2019年現在、日本国内にある店舗証券とネット証券の総数は300弱となっております。

これだけの数の中から、取り扱い銘柄や手数料の安さ、個別の特徴から選択するのは非常に困難です。

正直なところ、特別な理由がなければ、
上記にある有名な証券会社から選択すれば間違いありません。

ある程度のインターネットやパソコン・スマホの知識があるようでしたら、下記5社がおすすめです。

最初に書きましたが、僕はSBI証券がおすすめで、次いで楽天証券と考えております。

それでは簡単には特徴をまとめていきたいと思います。

SBI証券

・ネット証券口座開設数ナンバーワン!

・手数料最安値!
SBI銀行との連携で米国為替手数料が他社最安値(25銭)よりも安い4銭で。
その他手数料も最安値です。

・取り扱い商品最多!

・私設取引システム(PTS取引)に対応!

・IPOの実績ナンバーワン!

・SBI銀行との連携が便利でお得!

・投資信託でSBIポイントでゲット!

・トレードツール「HYPER SBI」が高性能で便利!

・SBI債(年率0.50%がある!

楽天証券

・楽天スーパーポイントが貯まる使える!

・楽天証券ポイントが貯まる使える!

・楽天銀行との連携がお得!

・日経新聞が無料で読める!

・トレードツール「マーケットスピード」と「ispeed」が高性能で便利!

・取り扱い商品が多い!

松井証券

・1日の売買額が10万以下なら手数料無料!

・優待名人の桐谷さんのおすすめ証券会社!

・デイトレーダーの手数料が安い!

・私設取引システム(PTS取引)に対応!

・投資信託を毎日積み立てできる!

マネックス証券

・マネックスポイントがある!

・注文方法がたくさんある!

・投資信託を毎日積み立てできる!

・マネックス債がある!

カブドットコム証券

・売買手数料無料のフリーETFがある!

まとめ

僕が重視しているのは、ほしい銘柄があること、手数料が安いことです。手数料のわずかな差が長期的にみると大きな差になることを知っているからです。

条件をクリアしたのがSBI証券だから利用させていただいてますが、ARCCという銘柄の取り扱いはないため、ARCCが暴落したら楽天証券で購入予定です。

人によって重視する条件が変わりますので、あなたに合った条件の証券会社で開設することが正解かと思います。

よくわからないという場合は、SBI証券で開設しておけば問題ないとは思います。
ただSBI証券の取引画面ほんと見にくいよー…。

無事開設でき、楽しい投資生活が始まることを応援してます♪

僕が投資を始められたのは、この本に出会ったからです!!

 

僕は経済的自由を手に入れる第一歩をこの本から学びました!!

今日のところはこの辺で。
一緒に自由を掴みましょう!!