マイボトル持参であなたは10年早くリタイアできる!

投資・節約

こんばんは!くろみつです♪

この度は「モノクロstyle」にお越しいただきありがとうございます!

今回は、普段よく利用されている商品を買わずに、投資にまわしたらどうなるか考えたいと思います。

毎日買っているもの

 

コンビニや自販機でペットボトル飲料を買う人をよく見かけます。

150円のペットボトルを毎日1本買った場合、毎月4,500円、年間54,000円程度の支出となります。

それくらいならいいんじゃない?わざわざお茶を沸かして持っていくのも面倒だし、ケチケチしてるみたいに思われたくないし。

など思われる人が多いかもしれません。

そこで、20歳から50歳の期間、毎月4,500円投資し、年率4%で運用したら30年後いくらになるか計算してみたいと思います。

あなたはいくらくらいになると思いますか?

まぁ150円程度ではそんなに違いはないだろう。と思いますよね?

毎月4500円×12ヵ月×30年×年率4%=???

答えはなんと270万円です!(貯金した場合は162万円です。)

マイボトルにお茶をいれてもっていくだけで、30年後には270万円もの金額になるのです。

どうですか?毎日コンビニや自販機で気軽に買っている物も、少しはもったいなく感じませんか。

 

他の商品で考えてみる

 

それでは、ペットボトル以外にもよく買われている商品で計算してみましょう。

コンビニでよく売れている商品で考えてみますね。

【缶コーヒー130円】
毎日1缶飲むと、30年後には240万円(貯金では140万円)

【缶ビール(スーパードライ350ml)270円】
毎日1缶飲むと、30年後には487万円!(貯金では291万円)

【タバコ500円】
毎日1箱吸うと、30年後には…なんと901万!!(貯金では540万円)

なんだかすごい金額になってきましたね。

よくあるサラリーマンの1日

例えばサラリーマンの1日として、毎朝出社前にコンビニに立ち寄り、缶コーヒー1本とお茶のペットボトル1本、タバコを1箱購入するとしましょう。

休憩中に缶コーヒーが飲みたくなって追加で1缶購入しました。

仕事終わりにいつもの習慣で缶ビールを買って帰りました。

こういうルーティンで生活されているサラリーマンって多くないですか?

これを先ほどの金額で計算してみますと
缶コーヒー2本=480万円
タバコ1箱=901万円
缶ビール1本=487万円
合計1868万円となりました!!!!!

もうちょっとで安い家が買えちゃいます…。

もちろん、休みの日はそんなにお金を使わないという人もいるでしょうけど、缶コーヒー2本がビール2本に置き換わったりするかもしれませんので、上記で計算させていただきました。

マイボトル持参、タバコも吸わない、お酒も飲まないサラリーマンはきちんと投資していれば1868万円もの金額を30年後には手に入れることができることが判明しました!

アーリーリタイアした場合の生活コストと照らし合わせてみると?

アーリーリタイアされている人の毎月の生活コストをブログなどで読ませていただくと、だいたい12万円~20万円くらいが多いです。

毎月12万円で生活した場合、年間144万円
毎月16万円で生活した場合、年間192万円
毎月20万円で生活した場合、年間240万円

先ほどの1868万円で計算すると

毎月12万円の人は約13年
毎月16万円の人は約10年
毎月20万円の人は約8年

結構な期間生きていける金額ではないですか?

→定年まで仕事をするしかないと思っているサラリーマンが40歳で自由を手に入れる方法

 

ほどほどに頑張ってみませんか?

僕はもともと缶コーヒーや缶ビール、タバコを買う習慣がないので、全くストレスはありません。

しかし、現状がそういう習慣の人はいきなり全てやめてしまうとストレスがたまって良くないかもしれません。

そこで、最初は会社にインスタントコーヒーを常備する、発泡酒にしてみる、タバコは2日で1箱に減らしてみる。

など少しずつ節約するように頑張られることをオススメします。

野球のイチロー選手が言われた
「小さいことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道」
という言葉が僕は大好きです。

僕の場合のとんでもないところ=「働かなくても生きていける」になるのですが、宝くじを買わなくても、起業して大成功しなくてもたどり着けてしまうのです。

マイボトルを持参し、普段はお酒も飲まず、タバコも吸わない。

たったこれだけで10年早くリタイアできるなら、僕は喜んでその道を選びたいと思います。

 

不要な月額サービスも積み重なると…。

毎月定額のサービスのことをサブスクリプションサービスといいます。

Amazonプライムなどが特に有名で月額400円(年額3900円)で様々なサービスが受けられます。

よく利用される人だと、最高にお得なサービスです。

しかし、気付かない内に契約してて、大した金額じゃないからいいやと放っておく人がいます。

そういう不要な月額サービスが積み重なると、驚くほど無駄な支出をしていることになります。

現在契約しているサービスを把握し、あまり使っていないサービスがあればすぐに解約しましょう。

一応計算すると、月400円で30年後には24万円になります。

まとめ

何万円もする買い物は非常に慎重に買いますが、数百円程度であれば気軽に買ってしまいますよね。

あなたの稼いだお金なので、好きに使うことに何も意見はありません。

しかし、小さな支出をいかに減らせるかが、セミリタイアやアーリーリタイアの鍵となることだけは覚えておいていただければと思います。

→僕が金持ち父さんから学んだこと。あなたにだけ、こっそり教えます。

僕は経済的自由を手に入れる第一歩をこの本から学びました!!

今日のところはこの辺で。
一緒に自由を掴みましょう!!