【必見!】生命保険の秘密こっそり教えます

投資・節約

こんばんは!くろみつです♪

この度は「モノクロstyle」にお越しいただきありがとうございます!

今回は生命保険が本当に必要か考えたいと思います。

生命保険とは

被保険者(あなた)が死亡、もしくは高度な障害となった際に、受取人(奥様)が保険金を受けとることができる保険です。

生命保険に加入した人がお金を出しあい(保険料)、その中から死亡者が出たら、集めたお金から保険金という形でお金を受けとる仕組みとなっております。

こういう仕組みを相互扶助(そうごふじょ)といいます。

極端な例ですが、加入してすぐに死亡した場合が一番価値のある保険です。

逆に長生きすればするほど、掛け金的には損をします。

長生きできるならラッキーなので、損したと思う人は少ないでしょうが…。

簡単にまとめると、死亡したら保険金がもらえる保険になります。

その他にもいろいろ特約がありますが、今回は割愛させていただきます。

積み立て型

生命保険や医療保険には、「積み立て型」と 「掛け捨て型」があります。

積み立て型の特徴は、支払った保険料が満期時(解約時)に返ってくることです。

積み立てだからと、支払い額より多く返ってくるわけではありませんが、保険の窓口に行くと、「子供に遺すために積み立て生命保険入りませんか?」と言われます。

日本人は、投資するより、お金を貯めることが好きな人が多いので、貯蓄目的で加入する人が多いです。

保険料が返ってくる分、月々の保険料は数万円単位と高額です。

 

掛け捨て型

ネーミングから敬遠されがちですが、非常に理にかなった支払い方法だと思います。

積み立て型のように、満期に支払った保険料が返ってくることはありません。

保険料支払い期間に健康でいる場合は、お金を支払っただけになります。

その分、保険料は数千円程度と格安です。

僕は生命保険も医療保険も不要と思っていますが、保険金が必要な期間だけ、掛け捨ての生命保険に加入するのは、人によっては検討してもいいと考えております。

次はあなたの家族構成や資産額によって生命保険が必要か考えたいと思います。

独身の場合

これは本当に不要だと思うケースです。

なぜなら、遺したいと思う受取人が基本的にいないからです。

可能性があるとすれば、同居している親兄弟に生活能力がなく、あなたが死亡してしまうと困ってしまう場合です。

そういった場合も、生活保護など社会保障を受けることができますので、生命保険に加入するか?と考えると不要でしょう。

夫婦の場合

これも基本的には不要でしょう。

あなたが死亡したとしても、奥さんが働くことができるからです。

専業主婦をされている場合は、経験や資格などで再就職の難易度は高いかもしれません。

しかし、遺族年金制度もありますので、生命保険に入るくらいなら、貯蓄か投資した方がいいでしょう。

子供が小さい場合

これは条件によっては生命保険加入を考えてもいいでしょう。

ただし、「必要な期間のみ掛け捨て型で」です。

子供が小さく、資産がほとんどない場合、あなたが死亡してしまったら奥さんが働かなければなりません。

しかし、育児や家事をしながら仕事をすることは、とても過酷です。

そんな時も保険金を2,000万円受け取れたら、経済的にも、精神的にも非常に助かります。

子供がある程度の大きさになるまでの期間限定ということであれば、お金で安心を買うことができます。

日本は社会保障が充実しており
生活保護
遺族年金
児童手当
・児童扶養手当
・母子家庭の住宅手当(地域限定)
・母子家庭の医療費助成制度
・国民健康保険や国民年金の免除
・寡婦控除
・その他、地域毎の支援制度
などを利用することができます。

また、持ち家をあなた名義で購入している場合は、団体信用生命保険に加入しているはずですので、残りのローンは支払わずに家族に家を遺すことができます。

現時点で2,000万円ほどの資産があるような人は、社会保障を受けながら生きていけるので、わざわざ生命保険に加入する必要はないでしょう。

保険会社の利益は…

そもそもなのですが、相互扶助は皆でお金を出しあい、困った人を助ける制度です。

しかし、生命保険の場合は、皆がお金を出しあったお金を保険会社が管理しています。

管理するということは、会社を運営するコストがかかります。

保険会社も投資してお金を増やす努力をしますが、積み立て型は元本保証が多いため、強気な運用はできません。

ハッキリ申し上げますと、投資の運用益だけでは、人件費や広告費など様々な運営コストは賄いきれません。

そのため、あなたの支払う保険料は会社の運営コスト分多く(40%から80%)上乗せされています。

毎月30,000円払ったら、その内の12,000円~24,000円は保険会社にマージンとして抜かれているのです。

宝くじは50%以上が収益金などで抜かれて、当選者に還元されるのは40%ちょっと。儲からないことが知れ渡ってしまい買う人が激減しています。

実は積み立て型の生命保険は、宝くじ以上に損する仕組みだったのです。

中途解約したら、掛け金が全然返ってこないのも、できるだけ加入者からお金を巻き上げたいからなのです。

それを知ってもあなたは積み立て型の生命保険に加入したいですか?

もし福利で運用したら?

僕が大好きな「もし複利で運用したらシリーズ」です。

今回は
「積み立て型生命保険」
毎月の保険料→30,000円
期間→25歳から65歳までの40年間
返戻率→110%
と比較してみましょう。

生命保険を65歳で解約した場合
30,000円×12ヶ月×40年×返戻率110%=???

結果は1584万円となりました!(簡単計算)

同じ金額と期間で年率4%複利で運用したらどうなるでしょうか?

30,000円×12ヶ月×40年×年率4%=???

 

 

 

 

 

 

結果はなんと、2881万円!!

その差額は約1300万円!!!

年金をもらいながら、3000万くらいあったら穏やかに暮らせそうじゃありませんか?

どうせ生命保険に加入するにしても、掛け捨て型を数千円払いながら、残りを投資する方が儲かりますよ…。

まとめ

大切な人のために生命保険に加入する。

素晴らしいことだと思います。

ただし「必要な期間だけ掛け捨て型」という考え方が重要ですので、ご注意くださいませ。

 

僕は経済的自由を手に入れる第一歩をこの本から学びました!!

今日のところはこの辺で。
一緒に自由を掴みましょう!!

&nbsp