物欲でお悩みのあなたへ

投資・節約

こんばんは!くろみつです♪

この度は「モノクロstyle」にお越しいただきありがとうございます!

今回は満たされることのない物欲について考えてみたいと思います。

物質主義

魅力的な商品の数々、満たされることのない物欲。

物を買えば幸せになれると思っている人はたくさんいます。

「こんな狭い家に住んでいるから幸せになれないんだ。」

「こんなボロ車じゃなくて、あの新車だったら楽しくドライブできるのに。」

「新しいパソコンならサクサク動いてストレスないのに。」

「あの人はいろんな物を持っていて幸せそうだ。それに比べて私は何も持っていない。」

など、欲しい物を手に入れても、すぐに慣れてしまって他の人が持っているものを羨ましく思います。

お金が入ってきたら買い、働き、また買う。

これを繰り返していたら、欲しい物はたくさん手に入ります。

しかし、働くという作業は永遠となくなりません。

物を買っても一時的で満たされないとしたら、あなたは永遠と物を買うために働き続けないといけません。

このような考え方を物質主義といいます。

そして働くことがしんどくなった頃に時間は有限であることに気付くのです。

 

 

社会の歯車は疲れる

実は物質主義になるのは仕方ないのです。

なぜなら、国は経済をまわして成長させるという目的があるからです。

多くの人は働いて給与をもらいます。しかし、そのお金を最低限しか使わなかったらどうなるでしょう。

個人の貯蓄は増えますが、売上が落ちた企業は社員に払う給与の確保が難しくなり、リストラや処遇悪化など悪い方向で進んでいきます。

そして最終的には倒産します。

もちろん売上が上がらないと人を雇うこともできませんので、倒産による失業やリストラされた人は再就職も難しくなります。

働けずお金のなくなった人たちは、自己破産したり、生活保護を受けることになります。

生活保護は税金で運用していますから、税収は減るのに、支出は増える一方です。

最終的には日本という国が破綻して終わりを迎えるということになりかねません。

こういうシナリオを回避するには、国民が稼いだお金をできるだけ使ってもらう必要があるのです。

働く→お金を使う→企業の売上や税収アップ→国民の処遇が改善される→働く→より多くお金使う

という良循環をまわすことで健全な国として繁栄し続けることができるのです。

そのため国や企業は、「お金を使って物を買えば幸せになれる。」と思わせるような印象操作をします。

そうやって、あなたの物欲は常に刺激されているので、大勢の消費者と同じ行動をしている限り、働いて消費する生活からは抜け出せないのです。

金持ち父さんで例えると、ラットレースにいる状態ですね。

定年まで仕事をするしかないと思っているサラリーマンが40歳で自由を手に入れる方法

 

お金で自由を買う

では、どうすれば働いて消費する生活(ラットレース)から抜け出せるのでしょうか。

答えは、稼いだお金で投資をすることです。

株の配当金、不動産の家賃収入など、インカムゲインと呼ばれる定期収入で生活できれば、ラットレースから抜け出せます。

お金で自由は買えるのです。ただし、家を買うよりも高額ですので覚悟しましょう。

僕が金持ち父さんから学んだこと。あなたにだけ、こっそり教えます。

 

投資、消費、浪費の考え方

お金を消費する生活という言い方をしましたが、お金は消費する以外の使い道もあるのです。

詳しくは以下の3つです。

【投資】
あなたのお金を増やしてくれるものに、お金を投じること。

投じた金額以上の価値を得ることができる。

【消費】
家賃や食費など、生きるために必要なものにお金を使うこと。

使った金額同等の価値を得ることができる。

【浪費】
投資にも、消費にも当てはまらない趣味や嗜好品にお金を使うこと。無駄遣いも該当する。

使った金額以下の価値しか得られない。

あなたはお金を使う時に、「これは投資だ。」などと考えますか?

僕は最近まで考えたこともありませんでした。

これが金持ちと一般市民の大きな違いです。

金持ちや経済的自由を得た人は、浪費にお金を使わず、投資にお金を投じるという考え方を身に付けています。

1円だろうが、100万だろうが考え方は同じです。

この考え方が習慣となり、無意識にできるようになったからこそ金持ちになれたのです。

たまたま100万の臨時収入があっても、これは泡銭(あぶくぜに)だからパーっと使ってしまおうなど、お金に色をつけるような考え方では、いつまでたっても働く生き方から抜け出せません。

1円でも、泡銭の100万でも、浪費ではなく投資にお金を使えるよう意識しましょう。

僕の大好きなウィリアム・ジェームズの言葉で

「意識が変われば行動が変わる。」
「行動が変われば習慣が変わる。」
「習慣が変われば人格が変わる。」
「人格が変われば運命が変わる。」
「運命が変われば人生が変わる。」

というものがあります。

お金を使う時に「これは投資か?浪費か?」と意識をする。

意識することで、浪費が減り、投資をするようになる。

繰り返し投資することで、投資が習慣となる。

投資が習慣となることで、金持ちの人格に近づくことができる。

金持ちの人格が備わることで、お金が集まり働かなくても生きていけるようになる。

働かなくてもいきていけるので、家族と幸せな時間を過ごす人生を送ることができる。

ウィリアム・ジェームズの言葉は様々なことに活用できます。

ぜひあなたも意識してみてください。

自由のスタンプカード

よく行っていたラーメン屋さんはスタンプカードがありました。

スタンプ20個でラーメン1杯無料というサービスです。

ある日、自由も同じなんだと気付いたのです。

100個スタンプを集めたら自由を得られるスタンプカードがあると考えてみてください。

スタンプ1個50万円で押してもらえます。

100個集まったら5,000万円という自由を得られます。

あなたも「あとスタンプ40個で自由だ♪」と楽しみながらやってみませんか?

まとめ

物欲が尽きないことに悩む必要はありません。

お金があったら欲しい物を買うことは当たり前です。

高額な物でも頑張ってお金を貯めたら買えます。

ところで、あなたが欲しいのは「物」ですか?

僕は自由が欲しいです。非常に高額ですがどうしても欲しいのです。

物ではなく、自由を買っていると思っているので、我慢しているとも思いませんし、ストレスも感じません。

むしろ、あといくらで目標達成だなと楽しみながらお金を増やすことができるようになりました。

 

僕は経済的自由を手に入れる第一歩をこの本から学びました!!

今日のところはこの辺で。
一緒に自由を掴みましょう!!