介護職のサービス残業は当たり前?【むしろ残業は少ないです】

悩んでいる人
介護職ってサービス残業が当たり前になってない?なんでこんなに残業しなきゃダメなんだろう。どうやったらサービス残業せずに定時で帰れるようになるんだろう。残業代出たらいいなぁ…。転職すべきかな?

 

こういった疑問にお答えします。

 

・介護職はサービス残業が当たり前?

・介護職のサービス残業が増える原因

・介護職がサービス残業せずに定時で帰る方法

・介護職がサービスではなく残業代をもらう方法

・サービス残業が当たり前の介護施設は転職しましょう

 

この記事を読み終えると、上記の疑問が解決できます。

 

私は介護業界12年目の管理者で、サービス残業100時間超えを何度も経験したことがあります。そんな無理が積み重なって入院するハメに…。

 

そんな私が解説させていただきます。

 

介護職はサービス残業が当たり前?

介護職 残業時間データ

 

(3) 1週間の残業時間数
1 週間の残業時間数は、正規職員では訪問介護員、サ-ビス提供責任者、介護職員、介護支援専門員とも、「残業なし」が最も高く、それぞれ 55.8%、41.2%、47.8%、49.9%であった。

非正規職員でも同様に「残業なし」が最も高く、それぞれ 83.2%、55.8%、76.6%、66.4%であった。

※画像とテキストは共に「平成30年度の介護労働実態調査」より引用

 

上記を見ていただくとわかるように、介護職はサービス残業が当たり前というわけではありません。

 

しかし、このデータを見て「介護職って残業ないとか最高かよ。」と勘違いしないでほしいです。

 

問題なのは、サービス残業が当たり前になっている介護施設があるということ。

 

転職経験の少ない介護職の場合、サービス残業が当たり前になっていても、それが普通と思い込んでいるケースが少なくありません。

 

介護職は基本的に残業は少ないけど、サービス残業が当たり前になっている職場も一部あるという感じです。

 

介護職のサービス残業が増える原因

デメリット サービス残業 増える 理由

ケアの事前準備

介護職はケアの事前準備でほぼ確実にサービス残業をしています。

なぜなら、申し送りや手順書を確認するために早く出勤することが当たり前になっているからです。

 

私が介護職をやっていた頃も、30分前に出勤して申し送りをすることが暗黙の了解になっていました。

 

普通に考えたらおかしいのですが、周囲が当たり前にやっていると感覚が麻痺するんですよね…。

 

15分前に出勤した時など、「来るの遅いから申し送りできない!」と理不尽に怒られたことすらありました。

 

申し送りや記録類

介護職のライン表(業務表)って、ギリギリまで介助が入っているケースがほとんどです。

 

人手不足や収益改善などが理由ですが、最後の援助で排便やトラブルがあれば残業になります。

(ほとんどの職場はこのケースだと残業代は出ません…。)

 

それに、申し送りや記録類を書く時間も必要です。こまめに書けていたらマシですが、忙しくて全然書けていない場合など、30分以上は残業して書かないといけません。

 

職員想いな管理者の場合、最後の15分~30分を空けて組んでくれたりもします。

 

利用者様やナースコール対応

記録類を書いている時でも、利用者様は来られますし、ナースコールは鳴ります。そんな時に限って対応できる人が誰もいない…。

 

「勤務時間が終わってますので。」と冷たく対応できる介護職はいないので、結局サービス残業になります。

 

そういう意味でも、定時でさっさと帰った方がいいと感じます。

 

会議や勉強会

介護施設では、残業代の出ないイベント企画会議や、介護技術の勉強会があります。

 

「定時だから帰ります。」と言える介護職は非常に少なく、同調圧力に負けてサービス残業で参加しています。

 

カンファレンスなど業務命令の会議に関しては、残業代が出るケースが多いです。というか出さないと問題ですし…。

 

介護職がサービス残業せずに定時で帰る方法

介護職 サービス残業 定時 帰る

 

結論からいうと、【定時になったら即帰る人のイメージを定着させる】ことが重要です。

 

・人手不足だし、帰る前に少し手伝おうかな…

・皆頑張ってるから帰りにくい…

・書類業務が残ってるんだよね…

 

こういう理由でサービス残業する人がいますけど、1人がやりだすと他の人も気を遣いだしたりするので悪循環になるのでやめましょう。

 

現場の介護職が無理することで運営が成り立っている介護施設がありますが、それをやっている限りは根本的な改善はされません。

 

あなたが【定時になったら帰る人】のイメージを定着させれば、他の人も帰りやすくなるのです。

 

介護職がサービスではなく残業代をもらう方法

介護職 残業代 もらう方法

 

介護職が残業代をもらう方法を解説していきます。

 

・やり取りしたことは記録する

・タイムカードの写真をとっておく

 

この2つはポイントになるので必ずやっておきましょう。

 

残業を事前に申請する

①出勤時間ピッタリから介助がビッシリ詰まっており、申し送りや書類確認ができない。

②定時ギリギリまで介助があり、申し送りや記録類を書けない。

こんな場合、管理者に残業を事前に申請しましょう。

 

ほとんどの場合、残業は認められないと思います。

そこで、出勤時と退勤時は少し余裕をもってライン表を組んでほしいと交渉してください。

 

この場合、正当な理由なので、認めなければ問題になるため改善してくれる可能性が高いです。

 

残業が認められなければ定時で帰る

荒業ではありますが、残業が認められなければギリギリに出勤して定時で帰ってみてください。

 

問題が起きなければラッキーですし、問題が起きれば管理者も残業を認めざるを得なくなります。

 

もちろん、「こんな行動ができるなら苦労しないって…。」と思われるかもしれません。

 

しかし、ここまで行動しない限り改善してくれない職場もあるということは覚えておいてください。

 

悪質な場合は労基に相談する

残業を申請してもダメ、定時で帰ってもダメ、こんなブラックな介護施設で働いているなら労基(労働基準監督署)に相談しましょう。

 

この際、管理者とのやり取り記録が残っていれば重要な証拠になります。

 

ちなみに、通報したってバレたら嫌だな…と心配している方はご安心ください。

 

労基には、守秘義務がありますし、通報なくても調査に来ることもあるため、あなたは労基が来た時に驚いたフリをしていれば大丈夫です。

 

残業代未払いの場合、6か月以下の懲役または30万以下の罰金が定められているので、さすがに改善してくれるはず。

 

サービス残業が当たり前の介護施設は転職しましょう

介護職 転職エージェント

残業代がもらえないなら労基に相談しようと書きましたが、正直そんなことは誰もしたくないですよね。

 

記事の最初の方で解説しましたが、介護職は基本的に残業が少ないです。労基に相談するくらいなら、さっさと転職した方が良いかなと。

 

あなたの貴重な時間を節約できますし、ストレスなく楽しく働けるようになる方がよっぽど大事だと思いませんか。

 

円満退職する方法や、おすすめな転職エージェントの解説記事がありますので、読んでみてください。

介護職 転職エージェント おすすめ

介護職におすすめな転職エージェント4選【無料で介護資格が取れます】

介護職 円満退職 退職理由

円満退職したい介護職が使える3つの退職理由【嘘の退職理由はやめておきましょう】