【貯金できない…】給料が安い介護職が34歳で1500万の貯金に成功したのでポイントをまとめてみました

介護

こんにちは、くろみつです。

介護職11年、介護福祉士、居宅介護支援専門員(ケアマネ)を所持しており、複数の介護施設を担当する管理者をさせていただいております。

悩む介護職
「介護職になったのですが、給料が安すぎてやっていけません。このままだと結婚や子供なども難しいと感じます。どうしたら貯金できるようになりますか?

今回は上記の質問について考えてみたいと思います。

介護職の給料ってほんと安いので貯金するのが難しいですよね…。

私も入社して5年くらいは年収300万前後でした。

友人がいろいろ楽しんでいても節約のために我慢することも多かったです。

お悩みの解決策は「支出を減らし、収入を増やしましょう。できれば投資することがオススメ!」です。

この記事を読むと

・ストレスのかからない節約方法がわかります

・あなたに合った収入の増やし方がわかります。

・今よりも貯金できるようになり、お金の心配を減らせます

なぜなら、介護職を始めて10年で貯金ゼロから1500万貯金できた経験があるからです。

どのように考え、どのように行動すれば驚くほど貯金できるのか?ポイントをまとめてみました。

介護職は給料が安い

皆さんご存知の通り、介護職は給料が安いです。

年収250万から350万の方が圧倒的に多く、将来に希望が持てないという介護職もたくさんいます。

私も23歳で介護職になったのですが、夜勤に何度も入っているのに手取りは18万(年収290万)でした。

毎月奨学金を2万返済していたので生活は苦しかったです。

ただ、生活が苦しかったからこそ、貧乏から脱出するためにはどうすればいいのかという考え方を出来るようになりました。

社会人になってからの私は、「辛い」「悔しい」などのネガティブな感情が行動原理になっているように思います。

それでは23歳貯金ゼロから始めて34歳で貯金1500万を達成するためにやったことをまとめてみます。

家族構成や環境のご紹介

・妻と子供3人の5人家族

・妻は結婚当初から専業主婦

・23歳時点で奨学金(借金)が200万

・29歳から車所有

・家賃5万円のアパート暮らし

・両親の援助はなし

こんな感じです。

介護職の年収では結婚も子供も難しいと何度も言われてきましたが、なんとか妻と子供3人に恵まれ、楽しく生活することができています。

こんな介護職もいるんだと誰かの励みになれば嬉しいです。

給料が安い介護職は「節約」が大切

まず最初に取り組んだのが節約です。

介護職は給料が安いので、稼いでいる人たちと同じようなお金の使い方をしていては貧乏待ったなしです。

私が介護職になりたての頃の生活費の内訳は下記になります。

家賃:40.000円

食費:25.000円

奨学金:20.000円

水道ガス電気:10.000円(多めに計上)

日用品医療費:10.000円(多めに計上)

レジャー費:10.000円

小遣い:10.000円

通信費:5.000円

合計130.000円

手取りが18万円だったので、平均すると毎月5万(年間で60万くらいの貯金)くらいでした。

支出を減らす上で重要なポイントは

支出を減らす重要ポイント
・給料を天引きする

・固定費を見直す

これだけです。

やりすぎはストレスになりますから、月3回まで飲み会OKなど、あなたにあった息抜きを設定することが成功するために重要です。

投資家ウォーレン・バフェットの

「お金を使った後で、残った分を貯金するのではない。貯金した後で、残った分を使うのだ。」

という名言を覚えておきましょう。

給料天引きの重要性について

収入と支出の関係は「パーキンソンの法則(第二法則)」が有名です。

この法則は「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する。」というものです。

どれだけ稼いでも、稼いだぶんだけ使ってしまうということを意味します。

収入が増えた→「少し良いところに引っ越そう」や「少しくらい贅沢してもいいだろう」

といった考えは身に覚えがあるはずです。

恐ろしいパーキンソンの法則から逃れる手段は給料天引きしかありません。

収入が増えても設定した額以上は貯金用の口座に最初に入金するのです。

会社で天引きしてくれる場合は利用するのがおすすめです。

妻は専業主婦で、働きたくないガチ勢と言っても過言ではありません(笑)

そんな妻ですが、家事や育児はもちろん節約の天才です。

収入が増えても、増えたぶんだけ貯金用口座に入金してくれるので、

私はどれだけ頑張っても豊かになった実感は持てません(涙)。

ただ気づいたら貯金額が増えていてびっくり大喜びということはあります。

固定費を見直す

・割引シールの食品しか買わない

・こまめにコンセントを抜き差しする

・電気は最低限しかつけない

など様々な節約術は調べればたくさん出てきます。

「塵も積もれば山となる」も大切ですが、固定費を減らせば1回手続きをするだけで継続的に支出を減らせます。

私も上記のような節約術を5年ほどやってみたのですが、節約できる額に比べてめんどくさいという気持ちが非常に大きかったです。

私は5人家族なのですが、家賃10万円のマンションと聞いても普通と感じる方が多いでしょう。

しかし、本当に10万も家賃を払わないと豊かな暮らしを実感できないでしょうか?

私は家賃5万のアパート暮らしですが、これだけで家賃10万の人と比べて60万も貯金できるのです。

人間はどんなに良くても「慣れる→飽きる」という性質から逃れらません。

良い家に住んだところで、感動や喜びは最初だけしか感じることができません。

そして一度良い暮らしをすると、生活レベルを下げることが苦痛に感じる性質を持っているため、

よく考えて引っ越しや購入しましょう。

節約に疲れた介護職にはこちらの記事もオススメです

介護職は給料が安い!だから「収入を増やす」ために努力できる

支出を減らすことは大切ですが、収入が少ないと生活が苦しい割にはあまり貯金できません。

給料が安いと嘆いていても解決できませんので、収入を増やす努力をしました。

最初から年収400万もらえていたら、努力しようと思えなかったかもしれません。

給料が安い介護職だからこそ、悔しさをバネに収入を増やす努力を続けることができました。

収入を増やす手段は下記の通りです。

収入を増やす手段まとめ
・介護福祉士を取得する

・管理者になる

・転職する

・副業する

介護福祉士を取得

介護職で収入を増やすとなると、まず思いつくのが介護福祉士を取得することです。

同期が学校で介護福祉士を取得していたため、同じ仕事をしていても給料が違うという悔しかった経験があります。

当時の介護福祉士試験は学科試験→実技試験という流れで、学科をクリアしても実技で落とされるという鬼畜仕様でした。

どうしても一発合格したかった私は下記2点に取り組みました。

・実技試験免除になる講習会に休み返上で出席

・過去問を中心に猛勉強

当時は120点満点だったのですが、100点以上で合格できました。

勉強方法の注意点として、難しい問題に時間をかけるのは効率が悪いため、絶対落としてはいけない問題を多く理解することが重要です。

介護福祉士を取得したことで、26歳時点で手取りが20万円(年収330万)になりました。

この時点で年間80万貯金くらいでした。

管理者になる

計画の時点で分かっていましたが、介護福祉士を取得するだけでは大きく収入を増やすことはできません。

ケアマネもやってみたかったのですが

・最短でも資格取得が2年後になること

・夜勤手当がなくなるためケアマネになっても給料がそれほど増えないこと

この2点を考えて先に管理者を目指すことにしました。

当時の部長に管理職になりたいことを相談すると、少しずつ管理者補助のような仕事をやらせてもらえるようになりました。

ヘルパー業務が終わってから、こっそり残って管理者業務の勉強を続けていると、一年後に管理者に昇格することができました。

ヘルパー業務もストレス多かったですが、身体的ストレス6:精神的ストレス4くらいです。

管理者になったら、身体的ストレス2:精神的ストレス8になってしまい、メンタルが強くない私には合わないと感じながら続けています。

最初は管理者見習いのようなポジションでしたが、28歳で年俸制になり、年収が400万になりました。

それからは毎年の目標達成や様々な取り組みをやったため

29歳:420万→子供3人になったため車購入(涙)。年間貯金額は100万円くらい

30歳:460万→ケアマネ取得により、管理者業務をやりながらケアマネ業務も開始

31歳:460万→うつ病のような症状が出る

32歳:460万→ストレスと過労で倒れて緊急搬送。1か月入院。

33歳:520万→自由な暮らしを求めて投資を開始

34歳:560万→この時点で年間貯金額180万円くらい

こんな感じで年収を増やしました。

車購入や子供の生活費・学費以外は生活レベルを変えていません。

介護職が給料を上げるための考え方はこちら

管理者になって後悔していること

管理者になり、がむしゃらに働くことで収入を増やすことはできました。

しかし、後悔していることもあります。

・仕事の日は家族と過ごす時間がほとんどなかった(帰宅が遅かった)

・趣味や友人と過ごす時間があまり取れなかった(休みは家族との時間)

・仕事のストレスが蓄積してうつ病のような症状が出ることがあった

こういった後悔などがあるため、早く仕事を辞めてゆっくり暮らしたいと思うようになりました。

給料を上げるために、嫌なことでもニコニコしたり、「やります!やらせてください!」のようなアピールを続けるのは本当に良くありません!

転職も検討

計画通りに管理者になれなかったり、思うように年収が増えなければ転職する予定でした。

今は転職サイトや転職エージェントも活用できますし、介護業界は超売り手市場なので、転職は非常にお勧めです。

どれだけ給料が良くても雰囲気が悪いところで仕事を続けるのは難しいので注意してください。

副業する

管理者はちょっと…と望まれない介護職は多いです。

介護職の給料だけだと、節約を頑張らないとなかなか貯金できません。

そこでオススメなのが副業です。

会社の規定に副業に関しての記載がなかったり、禁止されている場合でも、管理者に相談してみましょう。

生活が苦しいなど、切実な理由であれば認めてもらえる可能性があります。

 

どんな副業がある?

・アルバイトやパート(時給なので計算しやすい)

・ブログ(Googleアドセンスやアフィリエイト)

・メルカリやAmazonでせどり(安く仕入れて適正価格で売る)

・YouTuber

・ポイントサイト(気楽にできる)

・ランサーズなどのクラウドソーシング(ネットでお仕事)

このように、副業といっても種類はたくさんあります。

介護職の給料から2万貯金、副業の収入から3万貯金できれば毎月5万貯金できるようになります。

ブログやYouTuberなど副業をやっている内に、介護職の給料を超えて本業になったという人もいます。

・介護職として給料を上げる(介護福祉士・管理者・転職)

・副業で収入を得る

収入を増やすことで、過度な節約をしなくても貯金できるようになります。

給料の安さを補うために「投資」を始めた

介護職はサラリーマンやOLです。

会社に雇われて得る収入を「労働所得」、

家賃収入や株の配当金などは「不労所得」といいます。

私の場合、仕事を頑張ることで労働所得を増やすことはできましたが、今の働き方を定年まで続けたくありません。

自分のペースでストレスなく働きたいと考えるようになったので、32歳から投資の勉強を始め、

不労所得を増やしていけるよう33歳から米国ETF(VTI・VYM)に投資しています。

(投資額が少ないため、投資で儲かった収入は1500万にほとんど入っておりません。)

投資額の3%程度が配当金として支払われるような仕組みを作っており、投資額が5000万くらいになれば年間150万円ほどの収入になります。

投資額の取り崩しも視野に入れると年間100万円くらい働けば生きていけるようになります。

まとめ

私が34歳で1500円貯金するために行ったことはシンプルです。

支出を減らす(給料の天引き・固定費の見直し)

②収入を増やす(介護福祉士を取得・管理者になるor転職するor副業する)

③投資する(配当金などの不労所得を得る)

できるだけストレスのかからない範囲で長く継続することが重要です。

以上、「【貯金できない…】給料が安い介護職が34歳で1500万の貯金に成功したのでポイントをまとめてみました」でした。

本日も介護クエストをお読み頂きありがとうございます!

仕事がしんどい、給料が少ないと感じている介護職の方へ

仕事がしんどい。

何年たっても給料が上がらない。

「あの人と同じ勤務か…。」と、勤務表を見るだけで嫌な気持ちになる。

楽しく話していたのに、管理者が事務所に戻ってきたらシーンとなる。

こんな職場で働いていませんか?

「あるある!」

と思ったら「異動願い」や「転職」を検討してみてください。

どうせ他も同じだと諦めていませんか?

同じ施設でも、管理者が違うだけで雰囲気がガラッと変わった経験がある方もいるでしょう。

嫌な「あの人」がいない職場になれば、次の日は誰と一緒かな…と心配することもありません。

アナタまで、消耗しきってボロボロになる必要はありません。

「しんどい。もう嫌だ…。」と悲鳴をあげている心を助けてあげてください。

救えるのはアナタしかいません。

そして、転職活動が不安でしたら「転職エージェント」を活用することを強くオススメします。

ハローワークをオススメしない理由

ハローワークで探しても条件の良い求人がないことにお気づきでしょうか?

私はハローワークに求人を出す側だったのですが、ハローワークは求人広告料が無料です。

そのため、どこの施設でも「とりあえず募集かけておこうか」となっています。

そんな求人に良い条件があるはずがありません。

転職エージェントには「非公開求人」という、ハローワークに出ない求人があります。

誰でも応募できる求人と、限られた人だけ知ることができる求人とでは、どちらが条件の良い求人かは比べるまでもありませんよね。

実際のところ、転職によって給料を上げている人は、ハローワークではなく、転職エージェントを活用しています。

ハローワークは賃金交渉なんてしてくれないので、施設の希望条件を飲むしかありません。

転職エージェントであれば、私達と施設の間で入って様々な交渉をやってくれるので安心ですね。

また、様々な会社が優秀な介護職に来てもらえるよう、待遇を良くしたり、雰囲気を良くしたりと取り組みを始めています。

普段から情報収集してしておくと、気付かない内に悪い条件で働いていて損をするというリスクも避けられます。

介護業界は人手不足のため、超売り手市場でチャンスです。

AI(人工知能)技術の発達で、将来なくなる心配もありません。

一生ものの技術ですし、手に職をつけるにも最適です。

給料以外で見てほしいポイント

給料などの条件は非常に重要です。

ただ、「仕事が楽しい!」と感じることができるか、とのバランスが大切と思いませんか?

50施設ほど実際に管理者(エリアマネジャー)として担当したり、訪問調査した経験より

良くない施設の特徴
・職場の雰囲気が悪い

・接遇が悪い

・施設が汚ない、尿臭がする(古い施設で経年劣化しているだけなら大丈夫)

上記に当てはまるケースで良い施設だな~と感じたことはありません。

逆に良い施設は例外なく下記の特徴のいずれかを持っています。

良い施設の特徴
・職員が楽しそうに働いており、雰囲気が良い

・接遇が良い

・管理者が職員想い

・施設が清潔

私が活用しているサービス

私自身、良いところがあれば転職しようと常に情報収集しております。

転職サイトや転職エージェントはたくさんありますが、私が実際に活用中で、本当にオススメできるものだけを厳選してご紹介します。

 

正社員で探すなら、ここだけは絶対登録をオススメします!!



介護職の方のための転職・就職支援【マイナビ介護職】

マイナビ介護職の特徴
・王道中の王道。まずはここで相談してから他のサービスも検討でOK

・メールのやりとりだけでなく、良い条件が見つかったら電話連絡をくれる

・カウンセリングやコンサルタントが非常に丁寧で好感を持てる

・大手なので施設側の信頼も厚い

・非公開求人が多い

・施設側と様々な条件交渉をしてくれる

 

私は40代前半まで正社員で頑張ろうと思っていますが、40代半ばからは派遣に切り替えようと考えています。

派遣で探すなら、ここだけは絶対登録をオススメします!!



週3日OK・日勤のみのお仕事多数!
介護専門求人サイトかいご畑


かいご畑の特徴
・派遣といえば「かいご畑」というくらい派遣に特化している

・無料で介護の資格取得を支援してくれる制度がある!

「かいご畑」で資格取得(無料)して派遣で経験を積む→「マイナビ介護職」で正社員に挑戦がオススメ!!

・派遣大手なので施設側の信頼も厚い

 

まずは「かいご畑」で探してみて、合わないようなら「きらケア派遣」も登録してみてはいかがでしょうか。



派遣をお探しの介護士さんに!【きらケア 派遣】

きらケアの特徴
・アドバイザーがたくさんいるため、あなたにあったアドバイザーが見つかる
・正社員と派遣両方で探したいならここが一番オススメ

(マイナビ介護職は正社員、かいご畑は派遣に特化で両方の扱いがない)

アナタが理想の職場に出会い、楽しい人生を送れますに。