【勤務表見るだけで辛い…】介護職が人間関係の悩みを解決するたった1つの方法。管理者がダメな職場は崩壊します

介護

こんにちは、くろみつです。

介護職11年、介護福祉士、居宅介護支援専門員(ケアマネ)を所持しており、複数の介護施設を担当する管理者をさせていただいております。

悩む介護職
職場の人間関係で悩んでいます。すごく苦手な先輩がいて、勤務表を見るだけで辛いです。解決するためにはどうしたらいいですか。

今回は上記について考えたいと思います。

人間関係の悩みって本当に辛いですよね…。

私も「職場でイジメにあった経験」や「管理者から理不尽なパワハラを受けた経験」があります。

嫌な先輩が出勤しないだけで、どれだけ気持ちが楽だったか。

お悩みの解決策は「人間関係で悩むのは管理者がダメだから。改善する方法はありますが、根本的に解決したければ異動や転職を検討しましょう!」です。

この記事を読むと

・介護施設で人間関係が悪化する構造がわかります

・人間関係の悩みを改善する方法がわかります

・人間関係の悩みを根本的に解決する方法がわかります

・転職のメリットがわかります

なぜなら、介護職として11年の経験から学んだことをまとめたからです。

人間関係の悩みが絶えなかった職場、働いていて楽しかった職場など様々な経験があり、管理者として悩み相談を受けることも多いです。

綺麗ごと抜きで書きましたので、人間関係に悩んでいない人は読まない方がいいかもしれません。

介護職の退職理由の50%は人間関係の悩み

・職場でイジメがある

・サボったり、仕事を押し付けてくる介護職がいる

・高圧的な先輩がいる

・ケアマネや看護師と対立している

・管理者が理不尽でパワハラ発言が多い

・利用者様や家族様との関係性が悪いなど

介護職の退職理由の50%程度は人間関係の悩みです。

介護の現場は人間関係が悪化しやすい構造のため、管理者がダメな職場は崩壊します。

人手不足で余裕がない

介護業界の人件費割合は70%程度と高いため、人件費を抑えないと収益の確保が難しいです。

ギリギリの人数で運営していると、1人退職するだけで一気に業務量が増えます。

人間は忙しいと余裕がなくなってイライラするものです。

小さなミスでも怒ったり、表情が険しくなった経験は誰にでもあるでしょう。

仕事や責任の押し付け合いをするようになると、回復には時間がかかります。

人手不足解消のために適正や能力に欠ける介護職を採用すると、ますます環境は悪化していきます。

収益を確保しつつ、介護職の負担が許容範囲内に収まるようにマネジメントすることが管理者の重要な仕事です。

役割や専門の違いから意見が衝突する

介護は、介護職・ケアマネ・看護師・管理者などが連携することで成り立っています。

しかし、役割の違いから意見が衝突することも珍しくありません。

例として、介護職は利用者様の生活を優先し、看護師は生命を優先するなどです。

これは役割や専門が違うだけで、どちらが正しいという話ではありません。

医師などに多いのですが、上から目線や大きな態度を取る人がいます。

管理者は、各職種が1つのチームとして気持ち良く働けるようにコミュニケーションをとる必要があります。

我慢することが多く、ストレスが溜まる

介護職はサービス業ですが、一般的なサービス業よりストレスが溜まりやすいです。

・鳴りやまないナースコール

・重度の認知症や精神疾患をお持ちの利用者様

・過剰要求な利用者様や家族様

こういったことでも「介護職だから我慢しないと…。」と考えてしまったり、

「それが仕事でしょ?」と周囲が思っているように感じてストレスが溜まります。

問題が長引くと退職に繋がったり、ひどい場合はうつ病などの精神疾患になる介護職もいます。

そうならないために、管理者は早期解決する能力が求められます。

ナースコールやストレスは別の記事にまとめましたので、読んでいただければ幸いです。

【ナースコールを抜きたい…】鳴り続けるナースコールに介護職は疲れ果てている。虐待を未然に防ぐ対策をまとめてみました

【ストレスでおかしくなりそう…】介護職に必要なストレス対策はたった1つです。ストレスで入院した経験から学んだことをまとめてみました

価値観の違い

介護職は退職しても、別の施設で介護職になるケースが圧倒的に多いです。

・退職したけど介護が嫌いなわけではない

・せっかく資格をとったので活かしたい

・他業種の経験がないため、まともな条件での転職が難しい

などが理由です。

自分がやってきた介護が正しい(間違っていない)と思っている介護職ばかりですので、価値観の違いを理解できない人がいると雰囲気が悪くなりがちです。

価値観の違いから派閥もできやすく、大多数の介護職は巻き込まれたくないと感じながら気を遣って働くことになります。

介護には正解がないからこそ、お互いの価値観を大切にできるよう管理者のフォローがないと、険悪な雰囲気になりやすいです。

介護職が人間関係の悩みを「改善」する方法

まずは人間関係の悩みを改善する方法をお伝えします。

悩みを改善する方法
①悩みを書きだす

②悩みを分析する

③自分に何ができるか考え、行動する

この手順で人間関係の悩みを軽減していきましょう。

悩みを書きだす

理想は紙に書くことですが、スマホやPCでメモ帳などに入力するでもかまいません。

まずは人間関係の悩みを書き出してみましょう。

悩んでいることを思いつく限り箇条書きにする程度で大丈夫です。

・悩みを客観的に見れる

・悩みを自分の外に出すことでストレス解消効果がある(悩みを聞いてもらうような効果)

などのメリットがあります。

悩みを分析する

人間関係の悩みが書けたら、分析しましょう。

「(客観的)事実」と「(主観的)思い込み」をハッキリさせることが重要です。

・相手は誰?

・いつから?

・きっかけは?

・悩みを10段階で表すとどれくらい?

・相手の立場から考えると何かわかる?

・自分の反省点は?

・同じ悩みを抱えている人はいる?

・相手の良いところはある?

・改善できる?

など1つ1つ冷静に分析することで改善できる可能性が高まります。

ここで、悩んでいる時にオススメな「ニーバーの祈り」をご紹介しておきます。

ニーバーの祈り

神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。

変えるべきものを変える勇気を、

そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。

※Wikipediaより引用

自分ではどうしようもないことで悩んでも、苦しいだけです。

改善できることに集中しましょう。

自分に何ができるか考え、行動する

悩みの分析結果から、自分に何ができるか考えましょう。

紙に書くとストレスは軽減できますが、改善はできません。

・管理者に相談する

・同僚に相談する

・苦手な人に思っていることを言ってみる

・仕事で見返せるよう努力する

・苦手な人と信頼関係を築けるよう自分の態度や行動を変えてみる

など、行動することで人間関係を改善できる可能性が高まります。

介護職が人間関係を良くするポイント

あなたが変われば、周囲も影響を受けます。

苦手な人との関係も改善するかもしれません。

人間関係を良くする行動
・相手の価値観を尊重する(相手の立場になる)

・自分のラインが空いたら他の介護職のフォローをする

・他の介護職が事故を起こしたら自分事として一緒に考える

・悩んでいそうな介護職がいたら声をかける

まずはあなたから始めてみてください。

最初は辛いですが、少しずつ周囲に伝わって助けてくれるようになりますよ。

人間関係の悩みを「解決」したい介護職は転職しよう

人間関係の悩んだ際に「苦手な人と距離を置く」とアドバイスされることがあります。

関わりが最小限になれば、しんどいと感じる頻度は劇的に減るでしょう。

しかし、今の職場で働いている限り、根本的に解決することはできません。

なぜなら、

①苦手な人と離れることができない

②ダメな管理者がいる限り改善は望めない

この2点があるからです。

例えば、管理者の配慮でユニットやフロアを別にしてもらったとしても、カンファレンスやイベントで一緒になることも少なくありません。

苦手な人の声が聞こえるだけで、姿を見るだけでしんどいという人は転職した方が幸せになれます。

ここまで苦しむ前に助けて!と思いますが、ダメな管理者が急にまともになることはありません。

それでも我慢して働き続けますか?

私は人間関係の悩みで退職したことがあるのですが、すぐに楽になりましたし、半年もすれば苦手な人のことなんて忘れてぐっすり眠れるようになりました。

転職のメリット

転職には

・今の人間関係の悩みから解放される

・新しい経験ができて視野が広がる

・新しい出会いがある

・正しい転職をすれば給料が上がったり、仕事が楽しくなる

などのメリットがあります。

転職のポイントさえ理解できれば、成功する可能性がグッと高まります

まとめ

お悩みの解決策は「人間関係で悩むのは管理者がダメだから。改善する方法はありますが、根本的に解決したければ異動や転職を検討しましょう!」です。

人間関係で悩む介護職は多いので、無理しすぎないでくださいね。

管理者がダメな施設だと、あなたがどれだけ頑張っても消耗するだけです。

人間関係が良好で、楽しい職場はたくさんあります。

改善策を試しても、しんどいようであれば転職を検討してみてください。

以上、「【勤務表見るだけで辛い…】介護職が人間関係の悩みを解決するたった1つの方法。管理者がダメな職場は崩壊します」でした。

本日も介護クエストをお読み頂きありがとうございます!

人間関係や給料の安さでお悩みの介護職の方へ

「人間関係に疲れた…」

「頑張ってるのに給料が上がらない…」

「腰は痛いし、夜勤はしんどい…」

こんな介護施設で働いていませんか?

仕事を辞めたいくらい悩んでいる介護職は下記の記事を読んでみてください。

※仕事が上手くいっている介護職は見ないでください。

【完全無料】介護職が幸せになるための転職マニュアル【介護歴11年の集大成】