介護職の給料は上がらない?私が年収を270万→560万まで増やした方法をご紹介します

くろみつ
こんにちは、くろみつです♪

@kuromitsu_kaigo

知りたい介護職
こんにちは。

介護職になって3年経つのですが全然給料が上がりません。

どうやったら昇給できますか?

くろみつ
私が年収を270万から560万に上げた方法をご紹介しますね
結論
①自分の強みを活かして貢献する

②他社で通用するスキルを身に付ける

③スキルと実績をアピールして年収UPできるところへ転職する

介護福祉士を取得するなどもありますが、上記の考え方が非常に大切です。

記事を読むメリット
・介護職の給料が上がらない理由

・介護職が給料を上げるポイント

・他社でも通用するスキル

がわかります。

なぜなら、年収を270万→560万まで増やすことに成功したからです。

最初の5年は介護福祉士を取得した以外で給料はほとんど上がりませんでした。

当時は子供2人いたのですが、世帯年収が300万前後の生活が長かったので辛かった…。

給料が全然上がらないので、モチベーションも下がりまくってやる気が全然ない時期も長かったです。

この記事を開かれたということは、あなたも同じように悩んでおられるのではありませんか?

この記事の内容を新人の頃に知っていれば、5年で年収を倍にする自信があります。

給料が上がらないと悩んでいる介護職は、ぜひ読んでみてください。

介護職の給料が上がらない理由

くろみつ
なんで頑張ってるのに給料上がらないの?

このように感じている介護職は多いです。

介護職の平均年収は300万前後と言われており、業務内容や夜勤がしんどい割には安いように思います。

なぜ給料が上がらないか理由を知っておけば、昇給昇格の助けになることでしょう。

給料が上がらない理由
①介護保険制度の報酬自体が少なく儲かりにくい

②介護業界は人件費率が非常に高い(7割程度)

③介護職の評価は難しい

この3点の影響が非常に大きいです。

③を詳しく書くと、

介護職の評価が難しい理由
・介護職の業務はほとんど全員同じ(裁量権が少ない)

・頑張っていることが見えにくい

・基本的に全員が頑張っている

ということです。

「〇〇さんの給料が上がったって聞きましたけど、なんで私は上がらないんですか?」

「〇〇さんが上がって私が上がらないのは納得できません!」

みたいなトラブルは結構あります。

くろみつ
こうなると雰囲気が一気に悪くなるんだよな…

誰もが納得するような介護職になる必要があります。

介護職が給料を上げるポイント

介護職の主観で「頑張っている。」と主張しても給料は上がりません。

管理者の視点で考えることも重要ですよ。

介護福祉士を取得する

まずは基本ですね。

介護福祉士を取得すれば基本給が上がったり、資格手当が付くことがほとんどです。

どこで働くにしても必須レベルで有用な資格なので、勉強は大変ですがチェレンジしましょう。

ケアマネ資格のように更新もありませんのでメリットが大きすぎます。

昇給昇格の基準を知る

介護施設によっては明確に設定していないところもありますが、昇給昇格の基準を明確化しているところが増えてきました。

基準を知らないと何を頑張っていいかわかりません。

間違った方向に努力すると全く報われません。

基準が設定されていない場合は、管理者に確認しましょう。

求められていることを理解する

介護職の業務はライン表などで全員同じようになっています。

しかし、各々求められていることは違うのです。

求められることの例
新人→安全な介助、仕事の継続

中堅→新しい仕事を覚える、質の高いケア

ベテラン→指導やリーダーシップ

今の立ち位置で自分はどんなことを求められているのだろう?

と考えて行動することが大事です。

強みを活かして貢献する

給料を上げるには、他の介護職との差別化が必要です。

こういう話をすると、

くろみつ
と、得意なことなんかないよ!?

みたいな反応をよくされます。

そんな介護職でも管理者や同僚から見ると何らかの強みを持っていることが多いです。

また、自分では強みだと思っていたことが勘違いということもあります。

何人かに聞いてみて、客観的な意見を参考にすると良いでしょう。

強みがわかったら、とにかくそれを伸ばしてください。

平均点が高い介護職より、能力は平均くらいだけど誰にも負けない強みが1つある介護職の方が貴重な人材です。

管理者に協力する姿勢を見せる

誤解を恐れず書くと、管理者(評価者)との関係性は非常に重要です。

・言うことを全く聞かない

・常に反発している

という態度をとっていたら、いくら真面目に仕事していても評価されないでしょう。

やはり管理者も人間ということです。

時代に合わせて変化が求められるようになっていますので、

新しいサービスや大幅な業務見直しなど、現場が嫌がることもやらなければなりません。

そんな時に協力的な姿勢を見せれば管理者としては当然嬉しいです。

くろみつ
同じ評価の介護職がいたらどっち選ぶ?って話ですね

管理者にゴマすりはNG

管理者に協力と書きましたが、

「YESマン」や「ゴマすり」

は絶対にNGです。

くろみつ
私は給料上げたくて上司の機嫌取りやってた時期がありました…
YESマン&ゴマすり
・馬鹿な管理者以外は評価に影響しない

・社内でしか評価されなくなる

・周囲から良く思われない

・自分のことを嫌いになる

・ストレスが半端ない

私は間違った方法で給料を上げようとして、自己嫌悪に陥ることが何回もありました…。

本当にしんどくなりますし、給料が上がらなかった時の絶望感も半端ないのでやめましょう。

ゴマすり介護職がいる職場は、管理者が正当な評価をしないことがバレています。

全員のやる気が削がれ、変な介護職しか残らないようになるので絶対にやめましょう。

他社でも介護職として通用するか?

くろみつ
自分の価値ってどのくらいなんだろ?

介護職の強みの1つは、資格さえあればどこでも働けるということです。

今の介護施設が嫌になっても、働く場所はいくらでもあります。

長年同じ職場にいればベテランになれますが、他社で通用しない介護職もいます。

常に考えておきたいこと
・自分のスキルは他社でも通用するか?

・努力していることはアピールできるほどの実績になるか?

・考え方が古くなっていないか?

普通の介護職は「他社で通用するか?」とか「これは実績になるか?」

なんて考えていません。

だからこそ差別化するために重要なのです。

介護技術が高く指導ができる

介護職は技術職ですので、介護技術が高いに越したことはありません。

その上、指導も上手いとなると付加価値は相当高いでしょう。

どこの介護施設も人手不足でまともに指導できる介護職が少ないため重宝されます。

介護技術を向上させるオススメ記事があるので、よかったら読んでみてください。

介護職 介護技術 向上させる方法

介護職が最速で介護技術を向上させる方法は「自分の介助を見てもらいアドバイスを求める」です。

コミュニケーション能力が高い

今の時代、コミュニケーション能力はどこに行っても必要とされます。

介護技術が多少なくても、コミュニケーションでカバーできるほどです。

職場の雰囲気も良くなるので、私は採用する時にめちゃくちゃ重視しています。

介護技術は高いけど、コミュニケーション能力が低い介護職は逆に不採用にすることが多いです。

くろみつ
面接で介護技術はわからないってのもありますが…

経験豊富でなんでも対応できる

介護技術とまとめようか悩んだのですが、ちょっと違うかな?と思ったので別にします。

・医療的な知識

・介護の考え方

・豊富な経験

などを兼ね備えた介護職であれば、どんな利用者様が来られても安心です。

ほとんどの介護職は未経験のケアを怖がります(当たり前)。

そんな時に、

「前のところで経験あるので最初に行ってみましょうか?」

と言ってくれたら周囲はどれだけ安心するか…。

3年くらいで転職している介護職もいますが経験豊富なことが多いです。

接遇が良い

「〇〇ちゃんあーんしてー」

「えー、めっちゃこぼしてるやーん」

「〇〇ちゃーん!エレベーター閉まるから早くおいでー」

こんな接遇(対応)をしている介護職はたくさんいます。

くろみつ
自分が家族だったらドン引きだわ…

これからの時代、接遇は良くて当たり前になってきます。

今の段階から正しい接遇ができるようにしておきましょう。

接遇が抜群に良いと、接遇指導担当などの役割がもらえるかもしれません。

タメ口の方が親しげがあって良いとか勘違いですよ…。

PCスキルが高い

くろみつ
差別化と言えばPCスキル!

他の介護職と差別化したい時にオススメなのがExcelなどのPCスキルです。

社内独自のシステムを導入しているところもありますが、まだまだExcelがメインの施設もたくさんあります。

例えば、Excelで記録を入力している場合、関数が組んであることがほとんどかと思います。

※関数とは、データを入力すると自動で計算してくれたりする便利機能のことです。

PCに弱い介護職の場合、勝手にコピペとかして関数をめちゃくちゃにすることも少なくありません。

そんな時に、

「直しときますねー♪」

と言ってくれる人がいたら現場は非常に助かります。

記録入力作業が非効率なせいで忙しくなっているケースもあるので、生産性を上げるという意味でも職場に一人はいてほしい人材です。

イベント企画や進行が上手い

これもPCスキルと同じ感じです。

施設系や通所系の場合、レクリエーションをやっているところがほとんどです。

私の担当施設でも、介護技術やコミュニケーション能力はパッとしない方ですが、

「私デイの経験がありま~す。」

って言って、一瞬で鬼の金棒を作ってくれたことがありました。

イベントの企画や進行も手慣れたもので、正直感動しました。

くろみつ
何か1つ強みがあるってやっぱり良いですね~♪

給料が上がる介護施設か見極める

くろみつ
〇〇さんと私の給料がほとんど…変わらない…だと…?

給料を上げるポイントを書きましたが、どんなに頑張っても給料が上がらない介護施設も存在します。

給料が上がらない介護施設の特徴
・ベテランと自分の給料が変わらない

・リーダーや管理者の席がない

・実際に皆も給料が上がってない

努力は重要ですが、本当に給料が上がる介護施設なのか見極めましょう。

介護職が給料を上げたければ転職しよう

他社で通用するスキルが身に付いたと思えるなら、自分の価値を確認するためにも転職活動をしましょう。

現在の年収が300万だったとしたら、

・自分の強みを活かして貢献できること

・今までの実績

などをアピールして年収400万くらいを目標にチェレンジしてください。

上手くいったら、より一層のスキルアップをして年収500万を目指しましょう。

(いきなり500万は実績が少ないので高難易度です。)

私が知っている中には介護職で年収550万の人がいました。

普通の昇給はあっても年間15万くらいが多いので、一気に上げたければ転職がオススメです。

くろみつ
転職は年収を一気にアップさせる裏技みたいなものです

まとめ

介護業界は給料が上がりにくく、悩んでいる介護職はたくさんいます。

給料を上げるために重要なこと
①自分の強みを活かして貢献する(実績を作る)

②他社でも通用するスキルを身に付ける

③スキルと実績をアピールして年収UPできるところへ転職する

この方法で頑張れば間違いなく給料を上げられます。

本日も介護クエストをお読み頂きありがとうございます♪

人間関係や給料の安さでお悩みの介護職の方へ

「人間関係に疲れた…」

「頑張ってるのに給料が上がらない…」

「腰は痛いし、夜勤はしんどい…」

こんな介護施設で働いていませんか?

仕事を辞めたいくらい悩んでいる介護職は下記の記事を読んでみてください。

介護職 転職 マニュアル

【完全無料】介護職が幸せになるための転職マニュアル【介護歴12年の集大成】

くろみつ
仕事が上手くいっている介護職は見ない方がいいですよ