成功したい管理者が介護職を大切にすべき8つの理由。ダメな管理者の職場は崩壊します

こんにちは、くろみつです。

介護職11年、介護福祉士、居宅介護支援専門員(ケアマネ)を所持しており、複数の介護施設を担当する管理者をさせていただいております。

悩む管理者
上司と部下の板挟みに疲れました。中間管理職の宿命だと思いますが、どのように考えたら上手くいくか教えてください。

今回は上記について考えたいと思います。

管理者って本当に大変ですよね…。

管理者になって気付くのですが、施設長や管理者と呼ばれますが、実際は部長などの上司が存在します。

そして、上司と部下の板挟みになると、「どうすればいいんだよー!?」と叫びたくなります。

お悩みの解決策は「介護職を大切にすると、職場の雰囲気が良くなるなど良い循環が生まれ、成果を出せるようになります。介護職を大切にしない管理者の末路は退職や退所などの対応に追われて破滅。」です。

この記事を読むと

・管理者が介護職を大切にすべき理由がわかります

・管理者として成功する方法がわかります

・管理者にとっての「本当の成功」とは何か?がわかります。

なぜなら

・介護職時代にいじめられた際、管理者に守ってもらえなかった経験

・新人管理者時代に上司の言いなりになって失敗した経験

・介護職を大切にするという信念を持つようになってから成果を出せるようになった経験

があるからです。

介護職を大切にしない管理者の末路も書きましたので、ぜひ読んでください。

介護職を大切にする管理者が成功する理由

介護職を大切にする管理者は

介護職を大切にすると成功する理由
①管理者に相談しやすくなる

②職場の雰囲気が良くなる

③介護職の退職が減る

④良い介護職が集まる

⑤サービスの質が向上する

⑥退所やサービス終了が減る

⑦成果を出すための仕事に集中できる

⑧介護職や管理者の給料が上がる

という良い循環を作ることができます。

管理者に相談しやすくなる

ひどい管理者になると、退職の意思表示をされた時点で「なんで相談してくれなかったの?」と言います。

相談しようと思えない、信用されていない管理者だからこそ、退職したくなったことに気付いていません。

管理者がこまめにコミュニケーションをとり、介護職を大切にするという想いが伝われば、気軽に相談してもらえるようになります。

管理者は介護職のことをわかっていると勘違いしていることが多いです。

また、現場のことは介護職が一番知っているのですが、「もっとこうした方がいいんじゃないかな?」という意見は言いにくいものです。

介護職から気軽に相談してもらえるようになれば、困りごとを早期に解決できたり、改善意見を取り入れて、より良い施設にすることができるようになります。

職場の雰囲気が良くなる

気軽に相談できる管理者がいてくれれば、介護職のストレスは軽減されます。

誰でもストレスを感じている時は、余裕がないため優しくなれません。

介護職のストレスが軽減されれば、職場全体に余裕が生まれ、お互い助け合えるようになります。

その結果、少しずつ職場の雰囲気が良くなり、働きやすい施設になっていきます。

介護職の退職が減る

どんな介護職でも、少し嫌なことがあったくらいで退職しようなんて思いません。

嫌なこと、しんどいことが積み重なっても、改善される見込みがないため諦めて退職を決意するのです。

ということは

退職を防ぐためにやるべきこと
・悩みや困りごとが大きくなる前に解決する

・解決できないとしても、自分のために管理者が頑張ってくれていると伝わるよう行動する

この2点が徹底できていれば、やむを得ない事情以外の退職は驚くほど減少します。

良い介護職が集まる

介護業界は案外狭いもので、口コミの力は侮れません。

不満を持っている介護職は、「私の施設ほんと最悪なんだ。」と愚痴をこぼします。

不満を持つ介護職が複数いれば、悪い施設という噂が広がります。

悪い施設と噂されているところに、就職しようと思う介護職はほとんどいません。

逆に、職場の雰囲気が良く、働きやすい施設であれば良い口コミが広がります。

その結果、一種のブランド価値が生まれ、働きたいと思う介護職が増えます。

応募が増えれば、良い介護職を採用できる可能性が高くなります。

管理者は施設の価値を高めてブランド化できるよう頑張りましょう。

サービスの質が高くなる

①既存の職員のレベルが上がる

退職が減れば、育てた介護職がいなくなることを防げます。

介護職が長く勤めてくれれば、知識や技術が向上し、経験を積むことで管理者不在でも適切に対応してくれるようになります。

②良い介護職の採用

接遇が良く、経験豊富で知識や技術の高い介護職を採用することができれば、即戦力として活躍してくれます。

その結果、サービスの質が高くなっていきます。

退所やサービス終了が減る

退職が減れば、利用者様と介護職がなじみの関係を築ける可能性が高くなります。

サービスの質も高いため、利用者様が不満に思うことも少ないです。

居心地の良い施設と感じていただけるようになれば、退所やサービス終了が減ります。

利用者様が退所やサービス終了になれば、

退所によって起こる問題
・介護職は利用者様との関係を最初から築くことになる

・ケアマネはケアプラン作成などの業務が発生する

・退所や入所の手続きが発生し、管理者の負担が増える

・新規利用者様に来ていただくための営業が必要になる

・収益が悪化する

など、ダメージが大きいため防ぎたいものです。

成果を出すための仕事に集中できる

管理者は成果を出すために、「管理者しかできない仕事」に集中する必要があります。

①介護職を育てることができれば、一部の管理者業務を任せることができますし、管理者不在でも適切に対応してくれるようになります。

②利用者様の退所がなくなれば、管理者の負担が軽減されます。

この2つが安定すれば、管理者は成果を出すための仕事に集中できるようになります。

介護職や管理者の給料が増える

管理者は介護職の給料を上げたいと考えています。

しかし、思うように収益を上げられなかったり、人件費などの支出が増えたりして、給料を増やすだけの利益(収益ー支出)が確保できません。

管理者が成果を出すための仕事に集中できれば、収益が上がり、人件費などの支出も安定し、介護職の給料を増やすための利益を確保できるようになります。

給料を増やしてあげることができれば、介護職のモチベーションは上がり、もっと頑張ろうと思えるようになります。

その結果、管理者の評価も上がり、給料が増えます。

介護職を大切にしない管理者の末路

介護職を大切にしない管理者の末路は

介護職を大切にすると成功する理由
①介護職が孤立する

②職場の雰囲気が悪くなる

③介護職の退職が増える

④介護職の応募が減り、採用が難しくなる

⑤人手不足になる

⑥サービスの質が悪くなる

⑦退所やサービス終了が増える

⑧管理者は問題に追われて何もできなくなる

⑧介護職や管理者の給料が上がらない

悪循環に陥り、誰にとっても最悪な施設になります。

中間管理職は上司に負けてはならない

ここまで読んでいただければ、介護職を大切にすることの重要性がわかると思います。

負けてはならないと書きましたが、会社の方針や上司に逆らえというわけではありません。

「短期的な考えで目先の利益を追い求めてはいけない」ということを理解してほしいのです。

上司の命令であっても、介護職に許容できない不利益が発生する内容であれば、素直に聞いてはいけません。

管理者としての考えを上司に伝え、理解してもらう必要があります。

会社の方針として、命令に従うことになった場合は、介護職が納得できるだけの説明を時間をかけてしましょう。

「会社の方針だから」という説明では、介護職は理解も納得もできません。

信頼関係ができていれば、介護職は協力してくれます。

介護職を大切にするという信念だけは忘れないでください。

介護職が部下から仲間になる

介護職を大切にできていると、次第に信頼関係が芽生えてきます。

管理者と介護職は、上司と部下の関係であることに違いはありません。

しかし、本当に信頼関係ができてくると、双方に仲間という感覚が芽生えます。

「同じ釜の飯を食う」や「苦楽を共にした仲間」こんな感覚です。

私の環境では3~5年で異動があるため、ずっと同じ施設の管理者ができるわけではありません。

しかし、担当を外れた後も、楽しかった思い出は消えません。

今でも連絡を取り合いますし、絆のようなものを感じられます。

管理者としての成功は、役職や実績、収入だけではありません。

大切な仲間と共に頑張ることができたという経験こそが、最高の成功体験なのです。

まとめ

お悩みの解決策は「介護職を大切にすると、職場の雰囲気が良くなるなど良い循環が生まれ、成果を出せるようになります。介護職を大切にしない管理者の末路は退職や退所などの対応に追われて破滅。」です。

管理者として成功したいのであれば、

介護職を大切にするという信念を持ちましょう。

私達は介護職が頑張ってくれているから管理者として仕事ができるのです。

時には上司に抗議する必要もありますし、納得できない命令に従うこともあります。

しかし、大切にされていると介護職が感じてくれていれば絶対に協力してくれます。

大切な仲間と共に頑張ることができたという経験こそが、管理者にとって最高の成功体験になります。

以上、「成功したい管理者が介護職を大切にすべき8つの理由。ダメな管理者の職場は崩壊します」でした。

本日も介護クエストをお読み頂きありがとうございます!

人間関係や給料の安さでお悩みの介護職の方へ

「人間関係に疲れた…」

「頑張ってるのに給料が上がらない…」

「腰は痛いし、夜勤はしんどい…」

こんな介護施設で働いていませんか?

仕事を辞めたいくらい悩んでいる介護職は下記の記事を読んでみてください。

※仕事が上手くいっている介護職は見ないでください。

介護職 転職 マニュアル

【完全無料】介護職が幸せになるための転職マニュアル【介護歴12年の集大成】