介護福祉士やケアマネ試験当日の過ごし方。合格率を1%でも上げたい介護職は見てください

くろみつ
こんにちは、くろみつです♪
知りたい介護職
こんにちは。

介護福祉士を受けるのですが、試験当日の注意点ってありますか?オススメな過ごし方があったら教えてください。

くろみつ
試験当日って緊張してどう過ごしていいかわからないですよね。

落ち着いて試験を受けることができるように、注意点やオススメな過ごし方をご紹介しますね。

結論
【注意点】

・慢心しないこと

・パニックにならないこと

 

【オススメな過ごし方】

・入念な事前準備&当日確認

・余裕を持った行動

・勉強よりも深呼吸や瞑想で落ち着く

記事を読むメリット
・試験当日の注意点や過ごし方

・試験中の注意点

がわかります。

※ケアマネ試験にも対応した内容です

私は緊張に弱いため、事前準備や当日の過ごし方にはこだわりました。

介護福祉士やケアマネ試験に一発合格した時にやっていた内容ですので、参考になると嬉しいです。

勉強法をまとめた記事もありますので、試験まで時間があれば読んでみてください。

試験当日の過ごし方(介護福祉士・ケアマネ試験)

合格できるかどうかは、試験前日までにどれだけ勉強したかで99%決まります。

しかし、緊張やハプニングのせいで残り1%の不合格になるのは避けたいですよね。

やりすぎはよくないですが、石橋を叩いて渡るくらいの入念さをもっておいた方がいいでしょう。

消化の良い物を食べる

くろみつ
試験に勝つ!

とか言って、朝からカツカレー食べるのは最悪なので注意してください。

試験当日だけいつもと違う物を食べるのはよくありません。

試験一週間前からは消化の良いものを食べるよう心がけましょう。

持ち物を再確認する

自分は忘れ物なんてしないと慢心するのはNGです。

前日に準備しているはずですが、再確認しておきましょう。

試験日の持ち物
・受験票

・受験に関する資料

・筆記用具

・腕時計

・現金やICカード

・身分証明書

・スマホ

・ハンカチやティッシュ

・薬(必要な人)

・過去問やテキストなど

・飲み物

・軽食や飴など

・会場までの案内図

・路線図や時刻表(トラブル用)

・マスク

・折り畳み傘

・お守りやそれに準ずるもの

・自分が必要と思うもの

可能であれば、家族と2重チェックできると安心です。

1つ出したら元に戻すを徹底していれば、確認したせいで忘れたというミスも防げます。

余裕を持って出発する

くろみつ
今日に限って人身事故!?

試験当日に事故などで予定通りに移動できない可能性があります。

 

ハプニングに対応するために
・事前に迂回ルートの確認をしておく

・早く到着した場合の待機場所を確認しておく

・余裕を持って出発する

事前に下見して確認しておきましょう。

リラックスできる服を着る

くろみつ
この部屋めっちゃ寒いやん…

落ち着いて試験に臨むためには、リラックスできる服装がいいでしょう。

締め付けの強い服や気慣れない服はオススメできません。

また、寒い熱いなどの室温変化に対応できるよう、羽織れるものをカバンに入れておくと安心です。

深呼吸して落ち着く

試験日は勉強するより、深呼吸や瞑想して落ち着く方が合格率向上に繋がります。

試験日までにイメージトレーニングしておけば、驚くほどの効果を実感できるでしょう。

何も考えず、呼吸のみに集中するだけですので簡単にできますよ。

自分の席やトイレを確認する

試験会場に到着したら、まずは自分の席とトイレを確認しておきましょう。

緊張のせいで、試験開始ギリギリにトイレに行きたくなるかもしれません。

会場に受験生が入りだすと、自分の場所を見失いやすくなります。

女性の場合は、トイレ行列のリスクもあるので、早めにトイレを済ませておきましょう。

試験中の注意点(介護福祉士・ケアマネ試験)

試験時間は限られているため、無駄は徹底的になくしましょう。

周囲に惑わされず、自分のペースをいかに保てるかで結果は変わります。

難しい問題に時間をかけすぎない

過去問や本番試験の中には、難しすぎて解けない問題があります。

合格ラインの目安
【介護福祉士】

90問/125問中(72%)

 

【ケアマネ試験】

介護支援分野:16問/25問中(64%)

保健医療福祉サービス分野:25問/35問中(71%)

くらいが合格ラインです。

難しい問題は多くても全体の20%以下なので、確実に解ける問題に時間を使うべきです。

理解できない問題に遭遇したら、問題用紙と回答用紙にマークをつけて次の問題にいきましょう。

勉強内容と問題が違っても焦らない

くろみつ
勉強した内容と全然違う…

試験開始直後からだいたい焦ると思います。

最初の数問わざと難しい問題を出して受験生を焦らそうとしているそうですよ。

しかし、勉強した内容と試験問題が違っても大丈夫です。

なぜなら、消去法で正解できる可能性が上がるからです。

・介護福祉士は5択から正解1つを選ぶ方式

・ケアマネ試験は5択から正解2~3つを組み合わせる方式

ですので、1つでも選択肢を消去できれば正解率はかなり上がります。

消去法による正解率の向上
「全て理解できない場合」

5から3つ選ぶ場合の選択肢は10通り(2つも同様)→10%

「1つ理解できた場合」

4から3つ選ぶ場合で4通り→25%

4から2つ選ぶ場合で6通り→16%

「2つ理解できた場合」

3から3つ選ぶ場合は1通り→100%

3から2つ選ぶ場合で3通り→33%

試験本番は勉強したところから問題は出ない&勉強は消去法による正解率向上のためにしてきた

と心得ておけば本番のメンタルは大丈夫です。

ケアレスミスを防ぐ

落ち着いて考えたら解けるのに、ケアレスミスで間違うことがあります。

ケアレスミスと対策
①問題の読み間違え

例:当てはまらないものから3つ選べと書いてあるのに、当てはまるものを選んでしまう。

対策:当てはまるor当てはまらないという問題部分に〇など印をつけて確認する習慣をつけることです。

②回答がずれている

例:難しい問題を飛ばしたら回答が1段ずれていた

対策:問題用紙に回答を書き、ずれが生じた場合は1問目から問題用紙に合わせて確認する。

問題用紙に回答が書いてあると理解していればパニックにならずに済みます。

介護福祉士・ケアマネ試験共に4分の1は間違えても正解できます。

確実に解ける問題を間違えないようにしましょう。

退室時間に出ていくのは業者

介護福祉士やケアマネ試験には退室可能時間が設定されています。

自分がまだ問題を解ききっていないタイミングに退室されると、自分が遅れているんじゃないかと焦ってペースを乱されます。

しかし、退室可能時間に出ていく介護職は、

・試験問題を即効で持ち帰って解答速報を出したい業者

・介護施設から強制的に受けさせられている記念受験

・全然解けずに諦めた

のどれかですので、気にしてはいけません。

本当に合格したい介護職であれば、試験終了ギリギリまで見直しをしたいを考えます。

「退室時間になったら解答速報業者が出ていく。」

と試験開始前に意識しておけばペースを乱されなくて済むのでオススメです。

まとめ

合格に必要なのは、「99%の勉強」と「1%の入念な準備」です。

半年~3か月も試験勉強をしたのに、不注意で不合格になるのは嫌ですよね。

しっかりと準備し、心構えしておけば実力を出し切って合格できます。

以上、介護クエストを読んでいただきありがとうございました!

人間関係や給料の安さでお悩みの介護職の方へ

「人間関係に疲れた…」

「頑張ってるのに給料が上がらない…」

「腰は痛いし、夜勤はしんどい…」

こんな介護施設で働いていませんか?

仕事を辞めたいくらい悩んでいる介護職は下記の記事を読んでみてください。

介護職_転職_マニュアル

【完全無料】介護職が幸せになるための転職マニュアル【介護歴11年の集大成】

くろみつ
仕事が上手くいっている介護職は見ない方がいいですよ