美容室代を複利で運用したら?僕が選んだのは「   」です!

投資・節約

こんばんは!くろみつです♪

この度は「モノクロstyle」にお越しいただきありがとうございます!

今回は美容室の魅力や費用対効果について考えたいと思います。

美容室にかける予算

あなたは美容室に通われてますか?男性の人だと理髪店(床屋)かもしれませんね。

少数派かもしれませんが、セルフカットの人もいるでしょう。

美容室にかける予算はメニューによって大きく違います。

カットが1,000円から5,000円

カラーやパーマ込みだと5,000円から30,000円

くらいが一般的かと思います。

安い人だと年間1万円くらい。
高い人だと年間20万くらいかかるのではないでしょうか。

僕は30~40日に1回、2,000円の美容室に通ってまして、年間20,000円くらいかかってます。

個人的にはもったいないと考えて、1,000円カットやセルフカットの時期もあったのですが、総合的に考えると2,000円カットに落ち着きました。

そこでセルフカットや1,000円カット、2,000円の美容室のメリットやデメリットを考えてみましょう。

セルフカット

【メリット】
・最初に道具さえ買えばカット無料
・前髪を少しだけなど小まめにカットできる
・お店に行かなくていい
・美容師と話さなくていい
・慣れたら他の人の髪もカットできるかも

【デメリット】
・失敗した時が悲惨
・後頭部のカットが難しい
・できる髪型が限られる
・準備や後片付けが面倒
・専門的なカットは困難
・美容師に相談できない

器用な人でシンプルな髪型だったらセルフカットで節約がいいと思います。

僕もそう思ってセルフカットの時期がありました…。

1,000円カット

QBハウスなど、1,000円カットがたくさんできましたよね。

注意点として、同じ1,000円カットでも美容師と理容師がバラバラに配置されているので、美容師にカットしてもらいたいなど希望がある場合は見極めが必要です。

【メリット】
・安いのに案外ちゃんとカットしてくれる
・短時間でカットしてくれる
・最小限のコミュニケーション
・予約不要

【デメリット】
・カットに時間をかけてもらえない
・メニューはカットのみ
・指名できない
・当たり外れが大きい
・カット後にセットしてもらえない

安かろう悪かろうのイメージがあって敬遠していたのですが、行ってみたらめちゃくちゃ良かったです。

ただし、当たり外れがあるので、外れた時は行かなきゃよかったと後悔しました。

美容室

一昔は女性が利用するイメージが強かったですが、カリスマ美容師登場くらいから男性客も増えてきて、今では男性が美容室に通うことも一般的になりましたね。

美容室はピンキリですので、こだわり出すとキリがありません。

【メリット】
・豊富なサービス
・こだわりに応えてくれる
・カットに時間をかけてもらえる
・癒し効果
・コミュニケーションを楽しめる
・予約できる
・スタイリングを教えてもらえる
・カット後にセットしてくれる
・クーポンやポイント制度がある
・髪型やケアなど相談できる
・馴染みの美容師ができると自分に合わせてもらえる

【デメリット】
・高い
・コミュニケーションが苦手な人は辛い
・カットに時間がかかる
・予約が面倒
・値段の割りにガッカリする可能性

僕の通っている美容室はカット2,000円くらいの安切りと呼ばれるタイプのお店です。

メリットに書きましたが、毎回同じ美容師さんにカットしてもらうようになると、仕上がりも安定して良くなります。

セレブ御用達とかなったらカットだけで何万もするようなお店もありますね。

僕が2,000円美容室に落ち着いた理由

遍歴としては
2,000円美容室(1年)→1,000円カット(2年)→セルフカット(3ヶ月)→2,000円美容室(現在)→いう流れです。

2,000円美容室に通っていた時は、もうちょっと節約したいなという思いがありました。

そこで、ドキドキしながら1,000円カットにチャレンジしたところ、想像以上にちゃんとカットしてもらえたのです。

1,000円カットはセットしてくれないので、仕上がりを見た時は「あ…。」と思いましたが、帰ってセットしてみると良い感じでした。

ただ、1,000円カットに何回か通っている内に感じた問題点として、「当たり外れが大きい」「2,000円美容室に比べて持ちが悪い」の2点です。

当たり外れに関しては、個人的には理容師さん風の人を避けた方が仕上がりは良かったです。理容師さんの方が腕が良いと聞くのですがどうなんでしょう?

髪型の持ちの良さは当然かなとも思います。1,000円カットは10~15分と時間の制約があるため、限られた時間で仕上げるカットしかできないからです。

1,000円と考えたらめちゃくちゃ良いのですが、2,000円美容室は40分くらい丁寧にカットしてくださるので、比較すると持ちが悪くなりますね。

1000円カットに通っていたのですが、もうちょっと節約できないか?と欲が出て、自宅にあったスキバサミでセルフカットしてみました。

明らかに素人が切りましたって感じの仕上がりになったものの、毎月1,000円節約できるならいいんじゃない?ということでセルフカットに移行しました。

その結果、セルフカット期間が2ヶ月、3ヶ月となってくると、美容師さんが切ってくれた髪型など完全に消え去り、よくわからない髪型となりました。

だんだん周囲から「髪型がおかしい。」「前の方が良かった。」「頭にモップ乗ってますよ。」とネガティブなコメントをいただくことが増えました。

最終的には前髪セルフカットを大失敗。

男なのにパッツンにしてしまう事件があり、セルフカットを諦めました。もともと不器用なのにやるもんじゃないですね…。

そこから修正してもらうために2,000円美容室に行ってみると、さすがはプロ。整えるために短くなりましたが、まともな髪型にしてくれました。

髪の毛が伸びるのが早く、剛毛なため、1,000円カットだと20日くらい切りたくなるのですが、2,000円美容室だと30日くらいは大丈夫です。

ちょっと我慢すれば40~50日くらいは大丈夫なので、年間差額と切りに行く面倒さ、仕上がりの良さを総合すると、2,000円美容室に落ち着きました。

3,000円とかだと、1,000円カットにするかなー…。

雰囲気イケメン

雰囲気イケメンってご存知ですか?
本当はイケメンじゃないのに、髪型や服装でイケメンな雰囲気を醸し出す人のことをいうみたいです。

本当のイケメンさんは何したってイケメン。

僕の体験談になるのですが、社会人になってしばらく経つまでは天然パーマ全開の髪型でやってきました(梅雨とか最悪)。

鬱陶しいなと思いイメチェンでツーブロックにしてみました。ヘアアイロンも購入して毎朝ちゃんとセットするように。

会社に行ってみたら、髪型変えた途端に周囲の反応が良くなったのでびっくりしました。

おばちゃんのお客様からは呼ばれることが増え、同僚の受けも非常に良くなりました。

なぜか仕事の成績や評価も上がったこともあり(偶然ですが笑)、髪型って大事やなーと思うようになったのです。

毎朝セットするの面倒ですが、今ではセットしないと外に出るのが嫌という状態になってしまいました(笑)

僕が雰囲気イケメンかと言うと、クレームをいただくことになりますが、髪とか服を意識するようになって、明らかに周囲の印象が良くなりました。2000円美容室とユニクロですが(笑)。

ツーブロック部分だけバリカンでセルフカットすれば結構持つので、2,000円美容室が僕にとっては丁度良いなと感じています。

美容室代を複利で運用したら

僕の大好きな複利で運用したらシリーズです。

毎月2,000円の美容室代を年率4%で30年間運用したら、いくらになるのでしょう?

なんと、120万円です!

美容室に行かずにセルフカットすれば、30年後には120万円になるのです。

毎月5,000円の人だと300万円。
毎月1万円の人だと601万円。
毎月2万円の人だと1,202万円。

美容室代もなかなかお金かかりますね。

3か月に1回2000円美容室にして、他は1000円カットと併用するのがコスパいいんでしょうかね。

まとめ

美容室代は積み重なると大きな金額になります。

どこまでお金をかけるかは、あなたの価値観次第ですが、必要以上にかけすぎないよう注意しましょう。

僕は経済的自由を手に入れる第一歩をこの本から学びました!!

今日のところはこの辺で。
一緒に自由を掴みましょう!!